イケブクログ

池袋の話題を中心にホットなトピックスを毎日お届け

【シンデレラ5th】幕張1日目“Serendipity Parade!!!”感想

f:id:ikebukulog:20170527215405j:plain
『THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS 5thLIVE TOUR Serendipity Parade!!!』幕張公演初日、見に行って来ました!!

ツアーも残り僅かとなる後半戦ラストスパートの幕張。
冒頭から泣いていた記憶しかない(またか)

なんといっても今回はカリスマセンター!!
城ヶ崎美嘉役の佳村はるかさんがセンターということで、入場行進でるるきゃんがセンターだと判明したときには、どよめきと大歓声が巻き起こりました。

管理人も「るるきゃんだぁぁぁあ!!(大号泣)」

でしたが、大方の予想では今回の幕張公演はふーりんこと、福原綾香さんがセンターだろうと思われていただけに衝撃的な開幕だったのですが、堂々とセンターに立つカリスマの姿に、管理人にもそうですが、思い出ボムが容赦なく爆発して、その時点で涙腺が崩壊していたプロデューサーさんも多いのではないでしょうか?

 

カリスマJK城ヶ崎美嘉がカリスマになった日

 

初期から見てる人ほど、センターに立って、その圧倒的なカリスマ性をステージ上で魅せるるるきゃんの姿に感無量だったんじゃないかと思いますが、初期からシンデレラを支える中にあって、5年という時間を努力して積み上げてきた佳村はるかさんが、今こうしてカリスマJK城ヶ崎美嘉としてステージに立っている。そこにはかつて見せていたような不安なんか一切なくて、笑顔でそこにいるっていうだけでもう駄目でしたね。

そんな中で、『NUDIE★』
完全に美嘉が歌ってるようにしか視えない。
るるきゃんありがとう感謝しかない。

その衝撃が強すぎていつもに増して色々記憶が吹っ飛んでいますが、ただもういつまでも過去がどうだったとかいうのは無粋というか言うだけ余計な気もする。カリスマとしてセンターに相応しい姿でそこに立っている、それで良いんじゃないかな。笑顔と、最後のMCで全て伝わるよね。

1曲目が『Radio Happy』で大盛り上がり。ななみんは今回幕張だけの参加なので聴けて良かったです。そしてこれまでずっと中心に立って支え続けてきたニュージェネの2人もこの幕張から参戦。

3曲目が原紗友里さんの『ステップ!』でしたが、間奏で台詞が入るのですが3rdの『ミツボシ☆☆★』並に初っ端から泣かしにきてて無事死亡。出会えたことがセレンディピティですよ。カリスマ「これがセンスね」。

『薄紅』→『in fact』→『この空の下』と続くのですが、初の試みとして、椅子に座りながら歌う演出が取り入れられた『in fact』。そして『この空の下』と序盤の早い段階でバラード曲を畳み掛ける構成に会場が感動的な雰囲気になっていたのですが、その空気を一瞬にして鋭利に切り裂く『AnemoneStar』

4thでも披露されましたが、その時と比べても完全に仕上がっていて圧倒的完成度でビックリしました。改めて気づいたんですけど、幕張のメンバーの中だとCoolの格好良い部分を表現しているのが曲的にも凛だけなんですよね。全体曲だと『Nation Blue』もあったりしますが、アイドル的に格好良いアイドルっていうポジションは凛しかいない。それでもその鋭さをたった一人で完璧に表現する福原綾香さんは凛にしか視えない。

その後はFullが初公開となる『命燃やして恋せよ乙女』。良い曲だなぁとか思って聴いていると、間奏で唐突に笑わせにくる幕張仕様に。うさみん「永遠の17歳乙女」早苗さん「ビール大好き乙女」美優さん「流されやすい乙女」。よし、全員20代だな!! うわっ、何をするやめr

おかげですっかり爆笑ソングに様変わりしていましたが、CDだと間奏部分がどうなるのか期待です。『SUN♡FLOWER』のコールが既に完成系だったんですけど、Pはいつの間に練習を……?

そして『メルヘン∞メタモルフォーゼ!』で「ぷいきゅあがんばえー!」のノリで敵と戦っていたのですが、少し前にデレステでイベントが終わったばかりの『With Love』も初披露。しかもベールを纏ったウエディング仕様で更にセンターは福原綾香さん。

止めろ、止めるんだ!!

二重の意味で涙が止まらない曲でしたが、引きたかったなぁ嫁凛(察し)
爆死の悲しみを背負っていただけに、まさかライブでも限定煽りで傷が抉られましたが、全員可愛かったのでセーフ!

そして何気に今回のツアーでは初披露となる全体曲『Take me☆Take you』。総選挙曲で昨年の「5th Anniversary Party」で歌われた以来だと思いますが、デレステでも中々実装されず何かと機会に恵まれない曲だったたけに聴けて嬉しい。最後のソロパートで泣きそうになる中、堪えて歌い切るさやさやが清すぎてまた涙腺崩壊してました。

そしてSSAで披露かと思われていた『Tulip』。考えてみれば温存する理由もないというか、その会場毎にメンバーは常に違っているわけで、その会場でしか聴けない特別編成なのがライブの魅力だけに、杜野まこさん、今井麻夏さん、立花理香さんが加わっての『Tulip』もまたセクシーで素晴らしかったです。やっぱり千枝ちゃんは年齢の割りにおしゃまさん……。

中盤のMCでは七夕にちなんだ短冊当てゲームがあったり、ラストのMCでも容赦なく泣かしにきてましたが、明日のラストMCは破壊力が高そう。ゆきんこさんがちゃんときらりの残骸……もとい欠片、麗ちゃん成分を取り入れていたり、るるきゃんのMCだったりで、一つ一つが独立しているわけではなくちゃんとツアーとして繋がってるんだなっていうのが強く感じられた公演でした。

今回のツアーはどの公演もやたら感動的ですよね。アニメやデレステといった3rd、4thであったようなテーマがない分、純粋にライブとしてどうするのか何をやるのかみたいなところに集約されているので、それが最後にどういう形で結実するのか、いよいよ福岡とSSAを残すのみとなった5thツアー。最後まで楽しみです。