イケブクログ

池袋の話題を中心にホットなトピックスを毎日お届け

噴水広場でニンテンドースイッチ『ポッ拳 DX』のプチ大会が開催!!

f:id:ikebukulog:20170818092819j:plain

池袋サンシャインシティで『ポッ拳DX』プチ大会 開催決定!|ポケモンセンターメガトウキョー

俺でも勝てそうな小学生に会いに行く

8/20日に池袋サンシャインシティ噴水広場で9/22(金)に発売が予定されているニンテンドースイッチ『ポッ拳POKKÉN TOURNAMENT DX』の大会が開催決定!!

一足早くスイッチ版の『ポッ拳』を触るチャンスなので、この機会に新たにプレイアブルポケモンとなったサン&ムーンから参戦のジュナイパーの性能をチェックしたいところです。

定員は各回8名......って、8名!?

す、少ない......。
小学生以下の部と年齢制限なしの2部門あり、それぞれ2回の開催なので、参加出来るのは最大で32名。実際には年齢制限なし部門にエントリーとなるので16名ですね。本当にプチ大会です。

体験会のスケジュールを見ると、関東近郊で発売前に試遊出来る機会はこれが最後みたいなので、何とか試遊出来ると良いのですが、夏休みでサンシャインシティのメガポケモンセンターも連日大盛況ですし、大盛り上がりの大会になる予感!

対戦ゲームの発売が続くスイッチ

任天堂ハードで『マリオカート8DX』『ARMS』『Spatoon2』そして『ポッ拳POKKÉN TOURNAMENT DX』とハード初期の段階でこれだけ対戦を重視したソフトが連続して発売になるのは珍しい気がしますが、対戦要素がメインのソフトはそれだけ盛り上がりが外から見え、魅力が伝わりやすいということもあるのでしょうか?

『ポッ拳』はWiiUに移植され、アーケードでも稼動していますが、このどちらもプレイするには中々敷居が高いだけに、スイッチで発売されることで気軽に遊べるようになり人気が爆発するかもしれませんね。

なんといってもジョイコンを使ってお裾分けプレイでの2人対戦がとにかく便利なので、スイッチの2コンがデフォで使えるという要素は非常に対戦ゲームとの相性が良いのは間違いありません。年末か来年の上半期までには『スマブラ』も出そうですし、対戦ゲームには事欠かないだけに楽しみです。

意外とガチすぎる『ポッ拳』

気軽にワイワイ遊ぶ分にはそうでもないのですが、ちゃんとやろうと思うと憶える事も多く、結構本格的でガチなのが『ポッ拳』。

WiiU版ではリザードンを使用していましたが、しょっちゅうフルボッコにされてました。管理人は格ゲーが大好きなのですが中々腕が上達しないのが悲しい。『鉄拳タッグトーナメント2』もプレイしてたんですけど、こっちは早々にコンボで力尽きるという。コンボを憶えきれない(笑)

ポッ拳はコントローラーですが、スイッチはアーケードアーカイブスや『ウルトラストリートファイターII ザ・ファイナルチャレンジャーズ』など格ゲーも多くあるからなのか、アケコンも早々に対応していますし2コンが標準ということもあって格ゲーも色々と盛り上がりそうな流れも出来ているので今後が楽しみです。

『任天堂ワールド・チャンピオンシップ』も発表されましたが、こちらはアメリカ大陸だけの大会とはいえ、任天堂主催の公式大会も今後増えていきそうですし、遂に『ポッ拳POKKÉN TOURNAMENT DX』を本格的にやり込むときが来たか......!