イケブクログ

池袋の話題を中心にホットなトピックスを毎日お届け

チャンピオン伝説のエロ漫画『オヤマ!菊之助』が復活!? その名も『オヤマ!キクノスケさん』

f:id:ikebukulog:20170822061545j:plain

チャンピオンの問題作がまさかの復活!!

ガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!
書店で見かけてビックリしたのですが、20年以上前の当時、少年コミックの中でもそのエロさは群を抜いていたチャンピオン伝説のエロ漫画『オヤマ!菊之助』がまさかの大復活!?

続編『オヤマ!キクノスケさん』が発売になっていました。
それに伴い『オヤマ!菊之助過激編』も同時刊行。

オヤマ! キクノスケさん 1 (ヤングチャンピオン・コミックス)

オヤマ! キクノスケさん 1 (ヤングチャンピオン・コミックス)

 

今更このタイトルを見ることになるとは思わなかった......。
確か全巻揃ってたなと思って押入れを発掘したら発見(笑)

しかしこの『オヤマ!キクノスケさん』
なんてこった、どうしてこうなった!?

受け継がれる微エロ漫画の系譜

昔からこのカテゴリーの漫画が少年誌には存在していましたが、今ほど露骨ではなかった思う。何をもって有り/無しなのかっていうのは難しい判断基準ですが、微エロというからには直接的な行為がニュアンスも含めて言及されたり描かれたりするかどうかで決まるのかなという気がします。

『終末のハーレム』とかもう成年コミックじゃんっていう。
それはともかく。

この当時と言えば月刊ジャンプで『つきあってよ!五月ちゃん』とか『爆骨少女ギリギリぷりん』が連載していた時代。『Oh・パンタクBOY』とかどうしようもない漫画もありました。今思うとアレはポケモンの影響だったのでしょうか......?

今に脈絡と繋がる微エロ恋愛漫画の系譜として、週刊少年ジャンプでは『I”s<アイズ>』が、週刊少年マガジンでは『BOYS BE…』などが連載していたのを憶えています。めっちゃマニアックですが、週刊少年誌より更に下の世代向けた雑誌、コミックボンボンにも夏休みの増刊号にだけ『こちら松の湯ただいま銭湯中』(うろ覚え)そんなタイトルの微エロ漫画が掲載されていたような......。だからボンボンはコロコロに負けたのか(笑)

ボンボンコロコロ論争は現在の「きのこの山」vs「たけのこの里」の“きのこたけのこ戦争”に匹敵する白熱した争いだったのですが、ガンダムとかウルトラマンがボンボンだったので、オタク気質がある子供はボンボン派が多かったですよね。管理人はどちらも読んでいましたが、勢いは完全にミニ四駆など人気玩具を抑えていたコロコロに軍配が上がってました。

伝説のエロ漫画『オヤマ!菊之助』とは?

歌舞伎のオヤマ(女形)修行の為、女子校に転入することになった「菊之助」が風紀委員の時巻あおいちゃんや生徒会の川原五十鈴ちゃんなどを巻き込んで騒動を起こしていく学園コメディ。しかし途中で別の学園に転校してから作風がガラリと変わって急に重たい雰囲気のシリアス路線になっていくんですけど、当時何があったのか......?

黒髪学園でドタバタしている序盤から中盤に掛けては明るいエロといった感じの作風なのですが、終盤以降徐々に尻すぼみな展開に。世界1周修学旅行編の辺りが一番面白かったような気がします。

そして続編の『オヤマ!キクノスケさん』ですが、これはもう別モノでは?
そもそも絵柄が大きく変わっているので、あまり続編という感じがしません。
まだ1巻なので徐々に本領発揮なのかもしれませんが......。

作者の瀬口たかひろさんは、確か連載が終わった後、百合漫画とかも書いたりしていたので絵柄が変わっていること自体は自然と言えますが、考えてみれば1996年に連載が始まって既に20年以上も経過しているわけで、そりゃあ絵柄も変わりますよね(笑)

『オヤマ!キクノスケさん』はともかく、『オヤマ!菊之助過激編』は傑作選的なベストセレクションとなっていて序盤の話を幾つか抽出してあるだけなので、それだったら新装版か完全版で全巻揃えて出してくれると嬉しいのですが......。

20年以上前のこうした漫画が読める機会もないので、現在の表現と比較してみるのも面白いかもしれません。少年誌のある意味で一つの歴史とも言えるジャンルじゃないでしょうか。

どうせなら『オレってピヨリタン』とか、サンデーコミックスですけど『おねーさんが一番』とかも復刊しないかなぁ......。