イケブクログ

池袋の話題を中心にホットなトピックスを毎日お届け

日本コロムビア『すみっコぐらし』最新作でスイッチに電撃参戦!!

f:id:ikebukulog:20170829171047p:plain

ゲーム文化の入り口を担うソフトメーカーの雄

日本コロムビアさんが『すみっこぐらし すみっこパークへようこそ』でニンテンドースイッチに電撃参戦。その動きまさに疾きこと風の如し!!

発売は年末の12/7ということで、この時期に間に合うということはスイッチ発売前から動いてた模様。まさに侵略すること火の如く。

『すみっこぐらし』はご存知SAN-Xさんの主力タイトル。
ゲームは主に日本コロムビアさんが開発を担当されてきましたが、じわ売れで毎回15万~20万本の大ヒットを記録し、決算報告でもリポートが好調で良く名前の挙がるタイトルとして知られています。

『すみっコぐらし』は今やゲーム業界のど真ん中だ!m9っ`・ω・´)

老舗レコード会社はゲームでも凄かった

ちょうどこの8月からフェイスさんの完全子会社になったことで、日本コロムビアさんは上場廃止となり長年の歴史に幕が降りる事に。これまでより姿が見え難くなってしまいましたが、しかし流石は名門レコード会社としてこれまでアニメや特撮、キッズ、ファミリー向けなど多種多様な音楽を作り続けてきた日本コロムビアさんだけあって、ゲーム業界でもとても大きな存在感を放っています。

「ゲーム文化の入り口を担う自負」を持っている日本コロムビアさんは、国内のメーカーが目を背けて苦手としている、子供が安心して遊べるソフトを作ることが出来る数少ない貴重なメーカーさんとして有名です。

先月発売になった3DSの最新作『すみっコぐらし ここ、どこなんです?』も既に5万本近く売れてスマッシュヒットになっていますが、『すみっコぐらし』は毎回累計で15万~20万本近く売れています。この数字は無双の最新作やガンダムの最新作より売れてるってことですからね。こう聞くとその凄さが実感出来るのではないでしょうか。ファミ通とかで全然宣伝してないのにね(笑)

ikebukulog.hatenablog.jp

しかし、こういったジャンルは普及台数が重要なので移行は遅くなるものだと思っていたのですが、まさかの新ハード発売1年以内で移行してくるというのは驚きです。しかもスイッチは携帯出来る据え置きであって、日本コロムビアさんとしてもこうしたジャンルのソフトはこれまで据え置きに展開してこなかっただけに、スイッチの発売前から携帯機市場も引き継ぐという読みをしていたわけで、どれだけ機を見るに敏なのか。

7月に3DSで発売して、12月にスイッチに投入してくる電光石火の素早い動きに驚きますが、この年末はまだ皆でワイワイ楽しめるパーティーゲーが間に合ってない、出揃ってないちょうど空白の状態になっているので、これしかない需要も見込めます。これが来年の年末だったら他にも色々揃ってそうですけど、今年このタイミングで出せるのは本当に凄い。

その輝きはやはり名門。
ゲーム業界の真ん中に座る『すみっこぐらし』。

すみっことはいったい......?