イケブクログ

池袋の話題を中心にホットなトピックスを毎日お届け

劇場版『コードギアス』の舞台挨拶が池袋でも開催決定“だから”!!

f:id:ikebukulog:20171015152713j:plain

ルルーシュ生きとったんかワレ!?

劇場版『コードギアス 反逆のルルーシュ』3部作となる第1部「コードギアス 反逆のルルーシュI 興道(こうどう)」の舞台挨拶が10/21にシネマサンシャイン池袋でも開催決定!!

新宿バルト9、シネマサンシャイン池袋、TOHOシネマズ日本橋で同日に計6回もの舞台挨拶が行われ、翌日22日には愛知:イオンシネマ大高、大阪:梅田ブルク7、TOHOシネマズなんばでも舞台挨拶が行われるなど過密日程となっています。

舞台挨拶の登壇者は、ルルーシュ・ランペルージ役の福山潤、C.C.役のゆかな、紅月カレン役の小清水亜美、谷口監督、8:30分の新宿バルト9には更に主題歌を担当するIrisの5名で行われ、他の回は4名で行われる予定とのこと。

f:id:ikebukulog:20161129080451j:plain

コードギアスの面白かったところは物語が展開していく密度にあったかと思いますが、元々予定されていた話数を圧縮したことで実現したTVシリーズを今度は更に劇場版として圧縮して再編集という、ちょっと何言ってる分からない状態になっています(笑)

とはいえ滅茶苦茶面白かったアニメであり、2011年にオリジナルアニメ大ヒットの流れが来るまでの間、唯一大成功した屈指のオリジナルアニメなので非常に楽しみです。

途中で物語の選択肢が変わって別の展開に派生することはあるのか!?

途中まで上手く行くけど、結局上手くいかない

コードギアスの話の展開はだいたい途中まで良い方向に進展して希望が見えてきたと思ったところで、予期せぬアクシデントにより結局失敗するパターンですが、1期と言えばやはり誰もが頭を抱えたのが『血染めのユフィ』

工工エエェェ(゚Д゚;ノ)ノェェエエ工工

ってなってた(笑)
ルルーシュとスザクの対立を決定付けた印象的なエピソードですが、急転直下でBADENDに向かっていくジェットコースター展開が最大の見所。なんだかんだ最後は共闘すると思わせておいてそうはならないケレン味が魅力です。

f:id:ikebukulog:20171015160311j:plain

それとやっぱり今でも無能の極みである扇が首相というポジションに納まっているのは納得が行っていないのですが、組織論における典型的な「無能な働き者」であり、それどころかあっさり甘言を真に受けて裏切るは、敵国の将兵で記憶を失っているヴィレッタさんを孕ませるはやりたい放題のクズ。こんなのが首相だったらどっちにしても日本は駄目でしょう(笑)

未だに1話の「なんか凄そうなアニメが始まったんじゃないか」感を超えるアニメが早々出てこないことを考えると、10年近く経っても未だにこうして復活するくらいのパワーがありましたね。谷口監督と言えば『サイバーフォーミュラー』『スクライド』など熱量の篭った作品が多いだけに、劇場版3部作の果てに待つコードギアスの続編が再び大きなムーブメントを巻き起こすことになるのか注目です!!