イケブクログ

池袋の話題を中心にホットなトピックスを毎日お届け

乙女ゲームがスイッチに参戦!? 梯子を外されたオトメイト市場分裂へ

f:id:ikebukulog:20171022150347j:plain

市場分裂不可避な情勢へ

やっぱりこうなりますよね......Σ(゚Д゚)ガーン
いきなり据え置きオンリーへの移行は無理だと思う。

PCゲームのコンシュマー移植や乙女ゲームの開発を手掛ける有限会社ジレスタさんがスイッチに参入。現在開発中のタイトルは『honeybee』さんのVita向け乙女ゲーム『Starry☆Sky~Winter Stories~』『Un:BIRTHDAY SONG~愛を唄う死神~another record』

情勢的にVitaの後継機が出ないということが徐々に明らかになっていく中、注目されていた乙女ゲームの動向ですが、PS4への移行を発表しているオトメイトさんに対して、他が追従するのかどうかがポイントでしたが、どうやらそうはならなそうな状況に。

俄かに動きが慌しくなってきました!

携帯機需要を捨てられるのか!?

f:id:ikebukulog:20170916182417j:plain

PSPで市場が確立した乙女ゲームですが、大画面据え置き需要が本当に大きく求められているなら、これまでもPS3/PSPといった縦マルチで発売になっていてもおかしくないはず。前世代から今世代は特にそうした縦マルチのソフトが多く発売されていましたし、そうなっていても全くおかしくありません。

しかし実際は殆どが携帯機メインで発展してきたジャンルですし、それが今更いきなり携帯機の後継機が出ないから据え置きに移行というのがすんなり行くのかどうかは疑問が残るところでした。

そういった中で今回のジレスタさんのスイッチ参入。
スイッチは据え置き/携帯機のハイブリッドハードなので、携帯機としての特性が求められるソフトは必然的にこういった動きにならざるを得ないのかなという感じでしょうか。

オトメイトさんの据え置き移行も、「大画面で高画質」とは言うものの、実際自分達はこれまで携帯機をメインにしていたわけで説得力に欠ける苦しい言い訳に聞こえます。そもそもがオトメイトさんに関して言えば、親会社のアイディアファクトリーさん自体がPSにベッタリで子会社のコンパイルハートさんにしてもPSと一蓮托生という状態なので、後継機がないならないでPS4へ移行せざるを得ない的な事情を感じなくもありません(笑)

逆に言えばだからこそPSカンファでオトメイトさんが大々的に取り上げられるなど優遇されていたのだと思いますが、オトメイトさんの移行発表以来、他の携帯機をメインに展開していた乙女ゲームメーカーさんから追従する動きが出るかと思われましたが、そういった動きは現状ではまだ見えず梯子を外された感があります。

市場が割れるでこれは( ゚Д゚)アライヤダ!!

実際、ADV(アドベンチャーゲーム)とかは携帯機でやるのが便利ですからねー。ちょっとした時間に進めたり、ダラダラ寝転がってプレイしたいタイプのジャンルなので、テレビの前に座って進める据え置きとは相性が良くないというか、それとはまた違った気軽さとか利便性が求められてると思う。『逆転裁判』とか『ダンガンロンパ』とか据え置きでやるのは面倒そうですもね。

しかしアレですね。有限会社レジスタさんって実績を見るとPCゲームの移植だったり乙女ゲームの開発だったりがメインみたいですが、ツイートを見るとオリジナルソフトの開発に着手となっているので、いったい自社でどんなゲームを作るのか楽しみです。ADVなのかな?

何にしても状況が混沌化してきた乙女ゲーム市場。
来年以降、大きく市場が移り変わっていきそうです!