イケブクログ

池袋の話題を中心にホットなトピックスをお届け

MENU

【忖度】確率操作疑惑で炎上のドッカンバトル、ゲームメディアは黙殺

f:id:ikebukulog:20170821101042j:plain

これには全王様もおったまげ

確率操作疑惑で炎上中の『ドラゴンボールZ ドッカンバトル』。
僅か1日で運営元であるアカツキの時価総額をドッカン200億円吹き飛ばす事態となっていますが、アカウント毎に提供割合に違いがあり、ピックアップの目玉キャラクターが排出されない所謂「外れアカウント」の存在も明らかになるなど、ゲームの根幹を揺るがす身勝手の極意に反感が高まっています。

ソーシャルゲームにおいて毎回のように問題になる『ガチャ』システム。
今回は景品表示法における有利誤認ではなく、最も悪質とされる確率の不正操作ということで、これが事実なら問答無用の一発アウトな案件ですが、既に公式から謝罪が出ており「そのような事実はない」とのこと。

限りなくグレーに近い黒かと思いますが、実際はどうあれ一度こうなってしまうと、この不信感を拭うのは相当に難しいと思いますが、果たしてこのまま何事もなく沈静化していくのかより大事になっていくのか注目です。

髪が青くなってブルーになるどころか、提供割合0%という顔面がブルーになる誤表記にこのままでは怒りによってスーパーサイヤ人に目覚めてしまうユーザーも出てくるのではないかと心配になります。

そして何故か今回の騒動についてゲームメディアが一切触れないのも不思議。
普段は真偽不明の海外捏造リークなどでも平気で記事にしているインサイドさんもダンマリ。これはやはりアレですかね。

流行語大賞にもノミネートされている忖度ってやつ!?

「やってない」悪魔の証明は出来るのか?

f:id:ikebukulog:20171116075844j:plain

ピックアップに最高レアリティのケフラの表記がないアカウントが存在

アカウント毎の提供割合が違っています。
本来であればガチャ更新時に表示される提供割合は全ユーザーで一律でなければおかしいところ、目玉のキャラクターが排出されないアカウントの存在が確認出来ます。上記の表記が正しいのだとすれば、アカウントABCでは『絆の合体戦士超サイヤ人ケフラ』はどれだけガチャを回しても出ないということに。

f:id:ikebukulog:20171116074302j:plain

姉さんも大激怒でブチ切れなのは間違いない……

これが俗に言う爆死に繋がるわけですが、管理人もたびたび経験していますけど、回しても出ないというのは本当に辛いので、これには怒り心頭といった人も多いのではないでしょうか。真偽はどうあれ感情的な反発は避けられないのでは?

そもそも表記に差異があること自体が不自然なので、この提供割合は本来内部処理であり表に出るものではなかったのが誤操作によって出てしまったのではないかと言われていますが、内部での確率操作など外部からは判断しようがないので何とも言えないところです。

ただ確率操作を「やっている」という疑惑ながらも状況証拠が出てきた以上、信頼を回復するには「やってない」という証明が必要ですが、しかしそんなことは不可能であり、こうなると運営の言葉を真に受けるかどうかの信用問題になってきます。

『ドッカンバトル』に限らずガチャを回していると幾ら回しても出ないといった経験をしたことがある人も多いのではないでしょうか?

それは確率の偏りなのかもしれませんが、そういうときに良く言われるのが出ないと思ったら時間を空けて回すといった対応です。出ないときには出ない。これは気休めではなく、その背景には出ないテーブルの変更、乱数調整的な意味合いが含まれており、だからこそ広く普及している手法ですが、まさにガチャの闇を垣間見る瞬間となっています。

公式から「ユーザー毎に提供割合の操作をしているということはない」とハッキリと明言されていますが、そんなことは当たり前ですし、してたらマジで全王様にポチっとなで消されてもおかしくない。直接金銭に関わる問題だけに、運営の言うことを素直にそうだと信用出来るかと言えば難しいでしょうね。ましてやかなりの金額つぎ込んで爆死している人もいるわけですから、完全に白じゃないとグレーですら許されません。

というか、流石にアカウント毎に操作しているということはないのでは?
現実的ではない気がします。そんな個別の面倒な処理ではなく、仮にあるとすれば上記のように大きく5つ程度のそれぞれ提供割合の違うテーブルが存在し、ログイン時などにテーブルが決定されるといった仕様でしょう。そうした仕様であれば「ユーザー毎に提供割合の操作をしているということはない」という文言とも矛盾しませんし。

しないからやっていいって問題でもないんですけど(笑)
こうして明るみに出れば大炎上になるのでリスクが高すぎてやるわけがないという擁護というか意見も良くありますが、それは確かにその通りなんですけど、それを言ってる人も外部の人間なので、結局内部のことは分からない以上、そこに説得力を持たせるのは難しいでしょうね。

忖度するゲームメディア?

かなりの大騒動となっていますが、この件に触れているのは『ねとらぼ』さんや『ITmedia』さんなどゲーム外のメディアばかり。

特に『ねとらぼ』さんは、【DMMがはちま寄稿を運営】をスクープしたり、スマホの【KOF訴訟問題】などソシャゲの炎上案件について熱心に取材されている印象があります。こうした関連の記事はだいたい『ねとらぼ』さんじゃないでしょうか。

一方、ゲームメディアからは一切記事が出てこないのが凄い。
『ファミ通』『4gamer』『INSIDE』は言うに及ばず、新作から決算までアプリゲームの情報を幅広く専門的に扱う『Social Game Info』にも全く記事が出ません。

まさに黙殺といった状態。なかったこと扱いになっています。
記事にすれば今後ゲームの情報を貰うのに支障が出るといったバ○ダイナ○コさんへの忖度が働いているのかもしれませんが、業界的にも極めてクリティカルな問題だけに、本来真っ先に記事していくべきだと思うのですが……。

アカツキさんは今月末には『新テニスの王子様 RisingBeat(ライジングビート)』の配信も控えているタイミングだけに、騒動が他のアプリにも波及しなければ良いんですけど。

今回は『ガチャ』に関する問題なのでここまで大きく炎上する案件になっていますが、ソーシャルゲームは他にも事前登録の水増しやアプリストアでのサクラレビュー工作などこの手の事案は枚挙にいとまがないので、あまりの闇の深さにそのうち一気に反動がきて崩壊しそうな気がしてならないのですが、徐々に健全化していくのか更に深みに嵌っていくのか、ちょうど転換点に差し掛かっているのかもしれませんね。


※追記

★その1
本日になって『4gamer』や『Social Game Info』からも記事が出始めましたが、どれもメーカーの公式発表を追従しただけの内容で、ただの後追いリリース記事となっています。騒動の内容には一切言及がなく、やってないと言ってるし龍石300個配るから勘弁なというだけの配慮された記事になっていますが、これが忖度なのか!?

★その2
今回の騒動に対して運営が前代未聞のソースコード公開に踏み切りました。

f:id:ikebukulog:20171116175928j:plain

対応としては非常に珍しいソースコードの公開に踏み切ったドッカンバトル運営

ここまで具体的な不具合の詳細説明がされたことは業界初なのでは?
説明責任を果たそうという姿勢は評価出来ますが、しかしこれでもまだ、実際にこのコードが使われていたかどうかは不明であり、確率操作がなかったのことの証明にはならなりません。

これが「やってない」ことを証明することの難しさですが、詫び石で沈静化しないからなのか、今回の騒動を深刻に捉えており信頼回復に躍起になっているのかどうかは分かりませんが、ここまで来ると後はもうユーザーの受け取り方次第といったところでしょうか。消費者庁への通報自体は引き続き行われていくと思いますが。

説明責任を果たしていると受け取る事も出来ますし、IPがドラゴンボールという世界的に超有名で巨大なIPであり、セルランでも上位をキープする大型タイトルだけに、今回の騒動でアカツキだけではなく東映の株価など周囲にも大きな影響が出ていることから、対外的なポーズとも見ることも出来ます。

ただ心証の問題で片付けて良いのかとも思いますし、内部で幾ら操作しても露呈しなければバレないのでやりたい放題というシステム自体にはやはり問題があるように思います。結局そうした不信感が常にあるからこそこうして炎上騒動に繋がるわけですから、今後も規制強化の議論は続いていきそうです。