イケブクログ

池袋の話題を中心にホットなトピックスをお届け

MENU

『どうぶつの森』で車の改造を装った詐欺被害が多数報告!! 違法契約で莫大な金額を請求される事案が発生

f:id:ikebukulog:20171125042725j:plain

©FakeNewsJapan

任天堂はこの件について沈黙

日本の何処かにあるとされる『どうぶつの森』で詐欺の被害報告が頻発している。
11/21日頃から『どうぶつの森』のポケットキャンプ場で悪質な詐欺にあい不当な契約で莫大な金額を請求されたという事案がTwitterなどで急増している。

『どうぶつの森』は日本の何処かにあるとされる動物達が管理する幻の森のことで、現在政府も詳細な場所は掴めていない。所在地が分からない事から警察の権限が及ばない無法地帯となっており事件の捜査は難航を極めている。

被害報告は日に日に急増しており、政府はこの事態を重く捉え72時間以内にギター弾きの犬「とたけけ」、詐欺被害に詳しい専門家「たぬきち」を迅速に派遣する予定だ。

犯行の手口はこうだ

迷い込んだ遭難者に親切を装って車の改造を提案。それをうっかり了承すると改造後に莫大な代金を請求されローンを組まされるといったもの。事前に金額の提示はなく、『どうぶつの森』に迷い込んだばかりでまだ右も左も分からない遭難者を食い物にした悪質な手口に非難が集まっている。

犯人は「キャンタロー」と名乗っているらしく、三兄弟との噂もあるが詳細は不明。被害者の証言によると、「一見、目は笑っているように見えるが、その表情には恐怖を覚えた」Aさん(仮名)

f:id:ikebukulog:20171125052040j:plain

違法契約は本来なら破棄出来るはずだが『どうぶつの森』では人間界の法は通用せず、スローライフという名の独自のルールで運営されている。

全ては「しずえ」と名乗る管理者が握っているとされるが、被害に合ったB氏(仮名)は「しずえさん可愛いしずえさん可愛い......」と謎のワードを譫言のように呟いているとされ調査班が解明を急いでいる。真偽は不明ながら森に迷い込んだ者の多数が『しずえチャンレンジ』という労働に従事されられているという情報もあり、事態は深刻のようだ。

『どうぶつの森』に関する何らかの情報を握っているとされる任天堂はこの件について沈黙。以前から裏で繋がりがあるのではと噂されているが真相は明らかになっていはいない。『どうぶつの森』では独自通貨の「ベル」の他に「リーフチケット」という謎の紙幣を用いた取引が行われているそうだが、その収益が任天堂に渡っているとも言われ、今後追求が厳しくなりそうだ。

関係筋の話ではスイッチ版の『どうぶつの森』が来年以降に控えているというリークもあり、今後更に『どうぶつの森』に迷い込む遭難者が増える事が想定されることから、政府は解決を急ぎたい構えだ。

当サイトではこの件について今後も継続的に調査を続けていk......

―――Need not to know―――

 

ikebukulog.hatenablog.jp