イケブクログ

池袋の話題を中心にホットなトピックスをお届け

MENU

池袋パルコにMAHO堂がOPEN!! 『おジャ魔女どれみSHOP』再臨

f:id:ikebukulog:20171215174747j:plain

どっきりどっきりDON DON!! 『おジャ魔女どれみSHOPパート2』

f:id:ikebukulog:20171215180211j:plain

おんぷちゃん! おんぷちゃんじゃないか!?
なんてこった今でも可愛いなチクショー!

来年の1月から『カードキャプターさくら』の新しいアニメが始まる上に、『おジャ魔女どれみ』の期間限定ショップが開催って、この世界はいつから1990年代後半に時代が巻き戻ったのでしょうか......( ゚д゚)ポカーン

1990年後半は日本に最後の魔法少女が現存していた時代。
これ以降は、ファミリー層向けの魔法少女文化は失われ、深夜アニメなどでオタク向け解釈の別モノに摩り替わっていくのですが、肝心のファミリー向けでは魔法少女から「女の子だって殴りたい!」という肉体言語が支配する『プリキュア』時代の到来を迎えることになります。

1999年から2003年まで『おジャ魔女どれみ』のアニメが放送された後、『明日のナージャ』を1年挟み、その後に長期に渡る『プリキュア』時代が来るので、不遇なのは『明日のナージャ』です。絶対に許さない!(もう許してやよ)

そんな余談はさておき、最早アニメイト別館と言っても過言ではないお馴染み池袋P’PARCO 3階にて『おジャ魔女どれみSHOPパート2 in 池袋P’PARCO』が来年1/12から2/7までの間、開催決定!!

きっと毎日が日曜日!

購入者特典や限定グッズなど多数

めっちゃ楽しみですねー。
放送されていた年代を考えると、二十歳くらいから上の世代が直撃世代でしょうか。とにかく懐かしい。管理人も昔良く見ていましたが、

ち、ちげーし! スーパーヒーロータイムのついでに見てただけだし!
という言い訳がお馴染みでした(笑)

今にして思うとこういうアニメって絶対必要なんでしょうね。
内容も一見明るいんですけど、取り扱っているテーマはシビアでシリアスですし、ちょっとした恋愛だったり、いじめ問題とか赤ちゃんを育てたりとか、転校してクラスに馴染めないとか、妹や弟が生まれてお母さんが構ってくれなくて寂しいとか、両親が離婚して辛いのを抱え込んでいるとか、身近でありながらもありふれた深刻な悩みをそれぞれが抱えているのを魔法の力だったり、全力パンチだったりで解決していくという情操教育という面でも非常に重要なアニメの文化のインフラを支えているジャンルだと思う。

だからこそ今でも良く憶えているんでしょう。そのエピソードが視聴者の誰かに寄り添うように作られているのは本当に素晴らしいことです。

個人的には「おんぷちゃん」なんですけど、「はづきちゃん」も捨て難い。
家が破産しても健気に頑張っている「はづきちゃん」に涙を禁じえません。

既に15年近く前の作品だけに、なかなか『おジャ魔女どれみ』のグッズを購入出来る機会もないので、是非とも行っておきたいですね。池袋の他にも名古屋と松本でそれぞれ開催されるみたいですよ!

名称:おジャ魔女どれみSHOPパート2 in 池袋P’PARCO
期間:2018年1月12日(金)~2月7日(水)
場所:池袋P’PARCO 3階 Limited Base
   東京都豊島区東池袋1-50-35

商品の販売方法、混雑時の入店方法、商品の売切れ情報などはこちらのHPもしくは限定ショップ公式Twitter(@Limited_Base)に今後掲載致しますので、ご来店の際は事前にご確認をお願い致します。