イケブクログ

池袋の話題を中心にホットなトピックスをお届け

MENU

Apple神「今から皆さんに殺し合い(排出率表記)をしてもらいます」

f:id:ikebukulog:20171222182545j:plain

Appleアプリ審査ガイドラインに「排出率表記の義務化」が追加

昨夜から話題になっていましたが、本格的なガチャ規制の動きに繋がっていくのでしょうか。Appleの「App Store審査ガイドライン(英語版)」に新たに「排出率表記の義務化」という条項が追加されました。

f:id:ikebukulog:20171222183547j:plain

Apps offering “loot boxes” or other mechanisms that provide randomized virtual items for purchase must disclose the odds of receiving each type of item to customers prior to purchase.

この部分ですね。
「ルートボックスや、その他の有料アイテム提供方式アプリ(要するにガチャ)は、そのアイテムの種類別排出率を開示しなければならない」となっており、海外のガイドラインに追加ということは日本でも近くそうなることは確実な情勢。

国内のアプリは2段階の対応を迫られそうです。
まず直撃するのが一切排出率の表示をしていない『パズドラ』や『モンスト』。
これはもう完全にアウトなので頑なに拒否していた排出率の表記をせざるを得ないでしょう。

次に問題になるのが排出率を表記していても個別表記がないアプリ。
最高レアリティSSR5%といった表記があっても、その5%の中でSSRの排出率に差があるアプリの対応がどうなるのかはまだ現時点では未知数です。

ただ先般の『ドッカンバトル』の大炎上ではまさにこの部分が問題になりましたし、Appleはこういった部分を厳しく厳格に運用してくるので、キャラクター個別の排出率表記にまで踏み込んだ規制になるのでは?

この年末に最大級の爆弾がぶち込まれましたね!
Apple「今から皆さんに殺し合いをしてもらいます」

海外で猛威を振るうルートボックスとは?

今回の騒動の背景には現在、海外でも大きく問題になり議論が紛糾している『ルートボックス』があります。

ルートボックスは、宝箱の中に当りだと高性能の武器が入っていたりするのですが、その武器自体はゲーム内で入手出来るようになっているものの、実際には非常識なほどのプレイ時間を要求されたりと入手手段が現実的ではなく、早く高性能な武器を入手する為には必須といった要素になっています。

EAの『スターウォーズバトルフロント2』がこの問題で大炎上。
こうした炎上騒動により『スターウォーズ』のIPが毀損する事を恐れたディズニーが懸念を表した為、『SW2』のルートボックス機能が停止されるといった事態に発展しました。今回はディズニー側からのクレームにより対応しましたが、EA自体は自社のゲームに実装することを止めないでしょう。

北米、欧州でもギャンブルに該当するのではないかと大きく議論になっています。一応ギャンブルには該当しないというような公式発表がされたりしていますが、MSなども対応を始めていますし、Appleも今回こうしてガイドラインの改訂追加を行うなど、規制の波は拡大しています。

日本でもCESAやJOGAによる共通のガイドラインが策定され、各社それに従うようになりましたが、このガイドラインには抜け道というか回避する方法があり、かなり曖昧で厳格ではありません(この辺の忖度は如何にも日本らしい配慮です)。

超簡単に言うと単発ガチャの100倍以内or5万円以内で最高レアリティの何か(なんでもいい)が当るようになっていれば、排出率の表記をしなくても良いということになっています。

キャラクター個別の確立表記に踏み切ってる会社もある一方で、『パズドラ』や『モンスト』などはこれまで表記しておらず各社の対応にズレが生じていたのですが、今回の規制でいよいよ対応を迫られそう。

上記の条件だと、5万円以内で最高レアリティの外れを引けるようにしておけばガイドラインに準拠しているということになってしまうのですが、流石にもうそういう良い訳も通用しないでしょう。

f:id:ikebukulog:20171116075844j:plain

件の『ドッカンバトル』は最高レアリティ内の目玉が当らないように操作されていた疑惑で炎上したので、同様の騒動を避ける為にも今回はApple側からの規制ということで非常に厳格に運用されるのではないでしょうか?

ますますアプリの淘汰が進むことになりそうです!