イケブクログ

池袋の話題を中心にホットなトピックスをお届け

MENU

Apple「てめーはおれを怒らせた」パズドラ&モンスト確率表示へ

f:id:ikebukulog:20180117171745j:plain

 頑なに拒否していた『パズドラ』&『モンスト』提供割合表示へ

朗報でしょうか?
これまで国内でガイドラインが策定された以降も頑なに確率表記を拒否していた国内の2大アプリ『パズル&ドラゴンズ』『モンスターストライク』Appleの規約変更に伴い遂に提供割合表示になりました。

f:id:ikebukulog:20171222183547j:plain

ルートボックス批判の高まりを受けて海外の「App Store審査ガイドライン」が改定されたので直に国内にも影響があるのではないかと言われていましたが、ここに来て一気に動きが出てきましたね!

ただ正直、国内でガイドラインを策定しても結局外圧に押し切られるまでまともに対応してこなかったことを考えると、今更どうなのって感じですが、これで目に見えてガチャの引きが変わったりしたら面白い(笑)

セルランへの影響は?

f:id:ikebukulog:20180117173514p:plain

要するにこれまで提供割合表記をしてこなかったのは、超々低確率の当たり確率を表示すると、馬鹿馬鹿しくなってガチャを引かなくなる人が増える=ガチャ意欲の低下を招くからだと思うのですが、流石にいつまでそんなことやってるんだという話ですね。

他のアプリが国内のガイドラインが策定された時点で段階的に確率表記へ移行している中、問題ないとして一向に対応してこなかったのがこの2大アプリなので、今回の変更は自主的というより押し切られた感バリバリなだけにハッキリ言ってもみっともない(笑)

『モンスターストライク』は確率表記に伴い、「シングルガチャ」からはレアリティ★4以上のキャラクターのみ排出に。★3のキャラクターはガチャ以外の方法で入手可能に変更とのことです。

わざわざガチャの仕様まで変更になるということは記載すると何が都合が悪いのではという疑念が晴れませんが、Appleでは提供割合表記の義務化だけでなく、ストアでのレビュー工作や自社買いといった不正なセルラン操作に対しても今後対応していくそうなので、そうなると現状かなりのアプリがグレーゾーンに入ってくるのではないでしょうか?

Appleは厳しいので、国内のガイドラインのように抜け道や従わなくても問題ないということにはならないでしょうから、あるタイミングで一気に一層されたりするかもしれません。正直全く自浄作用が働く業界じゃないので仕方ないと思いますが、今後どんどん海外でも規制の並が強まっている事を考えると、プラットフォーマーのAppleやGoogleも素早く動いてきそうです。

ここまで右肩上がりでスマホアプリゲーム市場は9000億円を越えるまでに成長しましたが、大きな転換点を迎えたようです。

果たして今年はいったいどうなるのでしょうか?

ikebukulog.hatenablog.jp