イケブクログ

池袋の話題を中心にホットなトピックスをお届け

MENU

任天堂をパクリまくっていたグリー、Supercellを特許侵害で提訴

f:id:ikebukulog:20180124170739j:plain

Supercellの倒し方、知らないでしょ? オレらもう知ってますよ

と言ったかどうかは定かではありませんが、あの超有名人気アプリゲーム「クラッシュ・オブ・クラン」「クラッシュ・ロワイヤル」を抱えるSupercell社をグリー(GREE)が特許侵害で提訴。

現在、同アプリでは宝箱演出の変更やレイアウト機能が削除されるなど非常に制限の掛かった不便な状態となっており早期の解決が望まれています。

Twitterでも早速「#グリーを許すな」のハッシュタグが作られていますが、この流れつい最近見たような......( ゚д゚)ポカーン

グリー(GREE)よると2016年9月頃に指摘しており、2017年の5月と7月に提起しており現在係争中とのこと。しかしここで疑問が。

昨年、提訴していたのなら何故今になって公表したのでしょうか?

つい先日、任天堂がコロプラを提訴しましたが、侵害したコロプラが悪いという流れになったのを見て、自分達が発表しても世論はGREEに傾くだろうという判断でしょうか。そんなところまで任天堂をパクっちゃったの?

しかしながらハッシュタグの方を見ても、全くGREEに世論が傾いているようには見えないのですが、グリー(GREE)が訴える特許侵害、果たしてどんな結果になるのでしょうか?

Supercellが多数の特許を侵害と主張をしているグリー

f:id:ikebukulog:20180124173351j:plain

国内においてはグリー(GREE)の方が良くも悪くも知名度があるかもしれませんが、会社の規模ではSupercellの方が遥かに巨大であり、「クラッシュ・オブ・クラン」や「クラッシュ・ロワイヤル」は海外製のアプリです。

そしてSupercellの親会社はあのテンセント。
時価総額58兆円(推定)という超巨大企業です。

日本ではあまり馴染みのないMOBAというジャンルで有名ですが、テンセントは『ARENA of VALOR』でニンテンドースイッチに参戦するので、グリー(GREE)的にはこれは任天堂を倒す為の迂遠すぎる深謀遠慮の第1歩なのかもしれません(?)

特許の効果は自国内でしか有効ではないので、海外で問題なくリリース出来ているこれらのアプリが日本ではグリーの特許侵害に当るということでしょうが、しかしSupercellがそれほど多数のグリー(GREE)の特許を侵害していると主張しているということは、今後グリー(GREE)のアプリが海外に展開する場合、同じように全てSupercell側から潰される可能性もあるように思うのですが、果たしてその辺もどういった判断になるのか注目です。

レイアウト機能の削除はアプリとして非常に影響が大きく、不便になる仕様変更なので早期解決が望まれます。係争中ということで後は裁判で判断する段階に入っているので特にアレコレ言うことはありませんが、しかし心情的にはグリーが特許侵害って言うのは何か笑えてきます┐(´д`)┌ ヤレヤレ

そもそもグリー(GREE)のアプリ戦略自体が人気のある作品をパクッて量産すれば良いという発想であり、『どうぶつの森』や『ポケモン』、『けいおん』や『まどマギ』などこれまでパクリまくってきたわけで、その辺が「#グリーを許すな」のハッシュタグがそのまま怨嗟の声で溢れている状況に繋がっているんだと思う。

これが企業の信用なんですかね( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \