イケブクログ

池袋の話題を中心にホットなトピックスをお届け

MENU

今月号のメガストアに伝説のクソゲー『魔法少女アイ参』が収録www

f:id:ikebukulog:20180130052429j:plain

10年前ユーザーを激怒させた問題作『魔法少女アイ参』再び!!

f:id:ikebukulog:20180130053144j:plain

このゲームはまさかw

2008年に発売し、あまりの想像を絶するクソゲーっぷりにユーザーを文字通り絶望に陥れ激怒させた伝説の美少女ゲーム『魔法少女アイ参』が今月のメガストア3月号に収録!!

買うっきゃないぜこれはYO!

まさかの10年ぶりの復刻には草不可避ですよw
「伝説となったあの魔法少女アイ参のパッチ適応版を完全収録!!」と書いてありますが、物は言いようにも程がある。普通「伝説となった~」と書いてあれば、良い風に受け取りますが、悪い意味で伝説になったのであって決して賞賛されているわけではありませんw

因みに美少女ゲーム版のKOTY(クソゲーオブザイヤー)はこの『魔法少女アイ参』を契機に設立されたのですが、当時はそれくらい大きな影響を与えた作品となりました。

美少女ゲーム界隈では『下級生2』と並ぶ非常に有名な作品かと思いますが、そんな『下級生2』もまた現在まで伝わるクソゲーにぶち切れてディスクを叩き割るという悲しき伝統を生み出した罪深き作品......。

f:id:ikebukulog:20180130054540j:plain

詳細はGoogle先生に「OK,Google 下級生2 医大生」とでも検索して頂ければ分かりますが、ただ一つ擁護すると別に医大生は何も悪くないし、その後の経緯を含めて普通の対応と言えるのですが、問題はあのド腐れ暗黒メインヒロインの......*1

しかしこの2018年にもなって、『ごらんの有様だよ!!!』という迷言を生み出した伝説のクソゲー『魔法少女アイ惨』もとい『魔法少女アイ参』が復刻されようとは......。

パッチ適応版を完全収録って書いてあるから大丈夫って、そう思うじゃろ?

んなわけねーだろ何回騙すんだアホ!! (#゚Д゚) ゴルァ!!

なんということでしょう!お値段据え置きフルプライス8800円

f:id:ikebukulog:20180130062323j:plain

総CG枚数14枚の圧倒的超大作!! 税込み9240円!!

この『魔法少女アイ参』は、そもそもクソゲーという以前に未完成品なので、一概にこれをクソゲーと言ってしまうのもどうなのかなという気がしないでもありません。シナリオがおかしいとかグラフィックが酷いといったそういう品質の問題ではなく、そもそもゲーム内に入っているべきデータが存在しないという未完成品をフルプライスで騙し売りした詐欺だったので、単純にゲームとして評価出来る代物ではない曰く付きの問題作でした。

本来あるべきCGが存在しないので、プレイ中は真っ暗の暗転画面の中、死んだ目をしたプレイヤーが文字を読むメンタル崩壊紙芝居だけで、容量もDVDを使っている意味が分からないスカスカっぷり。CD-R時代は遥か昔に終わりを迎え、この前年の2007年には当時圧倒的大ボリュームの傑作『恋姫†無双』が発売していたことを考えると、パッチを足しても総容量600MB以下というのは衝撃です。

この時期、美少女ゲームはkeyに代表される「泣きゲー」や『ひぐらしのなく頃に』のような「同人ゲーム」といった潮流が一段落し、新たに『つよきす』や『おとボク』などのスタンダードが生まれ始めた歴史的転換期で、業界的には非常に盛り上がっていたのですが、そんな中で発売となっただけに業界全体に大きなショックを与えた作品となりました。その『つよきす』も後に2学期で……。

管理人も当時、良く色んなジャンルをプレイしていたのですが、うっかり手に取ってしまっただけにもうね。ただあまりの出来の酷さに一瞬で情報が広まり下り最速で価格が暴落した為、フルプライスで購入する被害に遭った人は少なかったのではと思うのですが、ただその被害にあった人は前作の1&2が好きでシリーズの最新作を予約して楽しみに待っていた純粋なファンの方だけに涙を禁じえない。・゚・(ノД`)・゚・。

f:id:ikebukulog:20180130070824j:plain

今回収録されているのはパッチ適応版ということで、アペンドディスクのCGが追加されている為暗黒紙芝居はなくなっていますが、それでも100で完成としたら最初は20くらいしかなかったのが40くらいになっただけで依然として低クオリティなのは変わりません。

しかもこのパッチ(アペンドディスク)も、CGが間に合わなかった箇所をゲーム内から削除したりしているので、むしろシナリオ面では逆に劣化しているのですが、とはいえ初期Verが収録されていないと比較も出来ないのでそれも分かりませんし、当時のクソゲーっぷりが正しく伝わらないこともあり、単純に物凄く中途半端な内容に「これの何処が伝説なの?」という煮え湯を飲まされるだけかもしれないので、とてもお勧めは出来ない(笑)

ただ3と同時に『魔法少女アイ2PLUS』が収録されているので、2PLUSをプレイした後に3をプレイすることでクオリティの差に絶望を感じることは出来るかもしれませんが、それが何なんだって話です。

美少女ゲームの黒歴史を覗きたいモノ好きな人は手に取ってみると良いかもしれませんね。しかしアレですね。「伝説の作品」と言われて、全く予備知識なしに手に取るエリート美少女ゲーマーがいたとしたらメガストアには怒って良い( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \

*1:幼馴染幻想を破壊する紫門たまき