イケブクログ

池袋の話題を中心にホットなトピックスをお届け

MENU

【全面禁煙からアニメの聖地まで】豊島区の予算案が攻めすぎな件

f:id:ikebukulog:20180223070621j:plain

見逃せない事業満載の平成30年度予算案重点事業

皆さんは普段、自分が住んでいる自治体の予算案を見たりすることがあるでしょうか?

市民オンブズマンでもなければあまり気にしないのではないかと思います。
管理人も普段そうですし、普通に暮らしている分には中々目に入りません。ましてや自治体の規模が大きければ大きいほど巨額となる予算編成は個人との接点が薄くなっていくので、関わりがなければそうそう気にして見るなんてことはしないのですが、しかし豊島区の場合、オタク的に見逃せない事業満載の予算編成となっており、予算案の眺めるだけでこれからの変化にワクワクしてくる面白い内容となっています。

豊島区平成30年度予算案重点事業(PDF:5,916KB)

公開された【平成30年度豊島区当初予算(案)の概要】【豊島区平成30年度予算案重点事業】には全面禁煙からアニメの聖地まで見逃せない事業がズラリと並び、自治体の予算案の中にこれだけ「アニメ」や「漫画」「コスプレ」といったキーワードが盛り込まれる予算案は日本広しと言えども中々ないのではという面白すぎる内容。

全く他人事ではない豊島区の平成30年度予算。
読んだらビビるでホンマ!

f:id:ikebukulog:20170127175550j:plain

豊島区の公園が全面禁煙化

f:id:ikebukulog:20180223072449j:plain

豊島区内の公園が全面禁煙に。
改正条例案が今月の議会に提出され、今年10月以降に灰皿や喫煙ブースを撤去していく計画となっています。現在はグリーンの枠で囲った喫煙スペースが設置されている場所も多いですが、あれが全撤去され全面禁煙に乗り出すみたいですね。

管理人は煙草を吸わないので問題ないといえば問題ありませんが、聊か厳しい対応のような気がしないでもない全面禁煙化。分煙すら許すまじという強硬な姿勢なので、喫煙者にとってはますます吸える範囲が限られることに……。

強硬姿勢を逆手にとってあえて全面喫煙可の飲食店とか繁盛するかも?
厳しすぎるということで取り下げになったので罰則は設けない方針だそうですが、警備会社に監視やパトロールを委託し、違反者には注意を促すとのこと。

『劇場都市』と連動する公園の整備が本格化

f:id:ikebukulog:20180223073603j:plain

【空間戦略】として全体で8事業、9億8.257万円の予算が計上されていますが、『劇場都市』と連動する仕掛けを持つ公園の整備がいよいよ本格化。

池袋西口公園は言うに及ばず、我らが中池袋公園も『アニメの聖地を世界に発信する拠点』として3.7億円の整備予算が計上されています。4大公園の内、テーマが『コスプレ』となっており、アニメイト池袋本店のお膝元といえる中池袋公園ですが、これまで以上に周辺環境と親和性を持った公園に生まれ変わる事が確定しているだけに楽しみです!

またこれらの公園と移転した豊島区庁舎を回遊する新たな交通手段として、シンクトゥギャザーのEVバス「eCOM-10」が採用され、2019年から運行がスタート。イベント時には臨時の停留所なども設置されるとのこと。

文化戦略-国際戦略-空間戦略の3つで国際アートカルチャー都市を目指す

f:id:ikebukulog:20180223080143j:plain

  • 文化戦略:15事業(1億1.847万円)
  • 国際戦略:12事業(3億2.148万円)
  • 空間戦略:8事業(9億8.257万円)

国際アートカルチャー都市を目指す3つの戦略としてそれぞれに大きく予算が計上されています。

勿論、漫画やアニメだけではなく、『ソメイヨシノプロジェクト推進事業』や『東アジア文化都市推進事業』駅前広場や東西デッキの都市基盤整備といった『池袋副都心再生推進事業』など重要な項目が目白押しの大規模事業となっており、予算案からこれからの豊島区が目指す形がハッキリと見えてきます。

待機児童問題や災害対策、医療や介護なども重視

上記のような都市戦略とは別にキチンと災害時のインフラ対策や医療や介護などのセーフティネットにも予算が計上されています。特に待機児童問題には力を入れており、今後も「待機児童ゼロ」を維持する為、紙オムツ処理など豊島区が率先してやっていくそうですよ。

その他、気になった内容で言えば、『Hareza池袋』の区画で唯一残っていた公共施設の「池袋保健所」も31年度に仮移転。仮移転後は造幣局跡地の防災公園に隣接するエリアに移転となるそうです。

「池袋保健所」はちょうどアニメイト池袋本店の隣にある施設で、あの周辺で唯一残っていた公共施設。これから繁華街のど真ん中になるであろうあの場所が空くということは、そこにどんな商業施設が入るかによってより一層面白くなりそうなので見逃せません!

予算の使い道は他人事ではない

と、このように予算案を見ているだけでも新たな発見がある豊島区。
なかなかここまで親和性のある予算案はそうそうないと思いますが、案外自分が住んでいる自治体の予算案を見てみると意外な発見があったりするかもしれません(笑)

じゃあ秋葉原を抱える千代田区はどうなんだ?
って思うじゃん。見てみれば分かりますが……うーん。

豊島区の強みというのは、オタク街としての都市の発展が再開発と一体化していることにあるので、それが良く表れているなっていうのを予算案からも感じますね。