イケブクログ

池袋の話題を中心にホットなトピックスをお届け

MENU

池袋でキャッシュレスな同人誌即売会『pixiv MARKET』開催!!

f:id:ikebukulog:20180316142717j:plain

新たな同人誌即売会のスタンダードになるのか!?

池袋サンシャインシティで日本初の試みとなるキャッシュレスな同人誌即売『pixiv MARKET』が開催。

pixiv MARKET


サンシャインシティと言えばサンクリの会場としてお馴染みですが、同人誌即売と言えば500円片手に「新刊ください」を気力と体力が尽き果てるまで続けるサバイバルバトル。コミケで現金をまるで引換券のように扱う様はまさに狂乱といっても過言ではない程。

『pixiv MARKET』最大の特徴はキャッシュレスと言う事で、当日会場では現金の支払いはなしで同人誌を購買することになるのですが、果たして今後訪れる(?)キャッシュレス社会の先鞭となっていくのでしょうか?

面白そうなので管理人もサークル参加に応募しますYO!

将来的には同人誌即売会で仮想通貨の支払いがOKに?

f:id:ikebukulog:20180313062854j:plain

『pixiv MARKET』では昨年導入された決済アプリ「pixiv PAY」を利用することになります。販売者側が販売物の情報を入力したQRコードを掲示しておき、購入者側がそれを読み取ることで決済が完了する仕組みとなっています。

「pixiv PAY」に登録したクレジットカードで簡単に決済する事が出来るようになるそうです。今月3月末にはコンビニでのチャージにも対応するとのこと。

これは当然というか、コンビニでチャージが出来ないとクレジットカードを持てない未成年者がイベントに参加出来ないので絶対必要な追加機能ですね。それにクレジットカードではなくあえてコンビニチャージに限定することで、最初に上限となる予算額(チャージ金額)を決める事で、予算超過の買い物に制限を掛けるという心理的ストッパー効果も見込めます。

コミケでもATMに並んでいる人を大勢見掛けますが、えてして同人誌即売会とは予算通りに済まないもの。ついつい予算オーバーで買い過ぎるのが常なので、チャージ金額という形で上限を持たせておくのは良いかもしれません。

将来訪れるであろうキャッシュレス社会に向けて、同人誌即売の可能性を探る実験的な試みなのか、「pixiv PAY」の利用者を増やす試みなのか、恐らくそのどっちでもあるというのが実際のところかと思いますが、面白そうな試みだけに是非参加しようと思っています!

他にも機能としては、イベント後にサークルに感想メッセージを送れたり、次回の参加告知を受け取れたりと、決済だけではなくSNS的なコミュニケーションツールとしての役割も持たせているそうなので、大きく利用が広がるのかどうか注目です。

今後は同人誌即売で利用可能な仮想通貨が新規発行(ICO)されたり、ビットコインやイーサリアムが同人誌の決済に使えるようになるかもしれませんし、先の時代を見据えたこうした試みを実験していくことは大歓迎なので、どういったイベントになるのか楽しみです。

ただまぁ、だからといって財布を完全に持っていく必要がないかというとそうでもなく、ジュースを買ったりケータリングを買ったり荷物を搬送したり、結局は会場であっても現金が必要な場面は幾らでもあるので、そういった細々した不便さが解消されない限り、やっぱり現金で良いじゃんっていうのはどうしてもあるだけに、支払い方法が煩雑になる分のデメリットをメリットがどれくらい上回るのか興味深いところです。