イケブクログ

池袋の話題を中心にホットなトピックスをお届け

MENU

【ショック再び!?】あのアタリ社が仮想通貨「Atari Token」発行へ

f:id:ikebukulog:20180317174128j:plain

独自仮想通貨発行でカジノプラットフォーム開発へ

あのゲーム会社『Atari』が仮想通貨へ参入。
「Atari Token」を発行し、カジノプラットフォームの独自開発へ着手。
ジブラルタルに拠点がある「Infinity Networks」の株式を取得し分散型プラットフォームを開発している「Infinity Networks」でAtariブランドが使用出来るようになるとのこと。

While Atari's investment in Infinity Networks is the firm's first foray into blockchain technologies and cryptocurrencies, the company has also extended its partnership with gaming platform Pariplay.

This year, Atari and Pariplay plan to launch casino platforms which "allow players to bet either in real money or with most crypto-currencies currently outstanding."
Atari to launch cryptocurrency token for use in casinos, gaming platforms | ZDNet

なんか今年中に現金や仮想通貨を賭ける事が出来るオンラインカジノプラットフォームを提供予定とか面白そうな事が書いてありますね。カジノは嵌れば利益が凄まじい事になるのでは?

日本でも議論が活発化していますが、法律上、プラットフォーム(運営元)が海外にあり合法であれば日本からの参加は問題ないと思うのですが、仮想通貨の普及もあり国内はパチンコの規制が強化される一方なので、オンラインカジノは過熱化していきそう。

しかしAtariかぁ......。

Atariと言ったらこの話題

『アタリショック』。

『アタリショック』とは、低品質ゲームソフトの乱発が市場崩壊を招き、北米の家庭用ゲーム市場が1982年の32億ドルから1985年の1億ドルまで僅か3年間で1/32まで縮小した事件のこと。現在の国内ソーシャルゲーム市場に起こっている現象と酷似している。

Atariは急に家庭用ゲーム機ハードの『Ataribox』を開発してみたりプラットフォームビジネスがやりたくてしょうがない感じですね。

ikebukulog.hatenablog.jp

しかもこの『Ataribox(アタリボックス)』も発売直前にキャンセルされ延期になったり公式HPに繋がらなくなったりしましたが、一応GDCに試作機が出るらしいです。こういうところがイマイチ信用出来ないのがAtari社(笑)

売上の30%を徴収しているというApp Storeやgoogle playなどプラットフォームビジネスは莫大な収益を生むため、何処もこぞってやりたがるのですが、ハードばかり増えてもどうなのかなという気がしています。

それこそ『VR』や『位置情報』や今だと『ブロックチューン』もそうですが、何かしらそうしたものが出てきたとき何処も結構前のめりで突っ込むのは良いんですけど、それがゲームとして面白いものとなって中々出てこない。

位置情報は『ポケモンGO』のヒットが巨大すぎたのでアレですが、モバイルファクトリーさんとかも『レキシコネクト』を縮小してしまいましたし、VRはもう全然でしょう。ブロックチューンはアソビモさんなどがそれを利用したMMORPGなどが現在開発中みたいですが、それがどういった形になるのか。

昔、山内組長が「ソフト体質」と「ハード体質」について語っていましたが、どんな技術が使われていようと面白くなければ意味がないので、果たしてブロックチューンがどう活用されていくのかは注目。

しかし実際問題、オンラインカジノ市場が巨大化したら、早急な法整備を求められそうです。しかも国内から海外に資金が流出する一方で何のメリットもありませんしね。日本でカジノが合法化され開発が始まるのはまだもう少し掛かりそうなことを考えると、遂にAtari社が過去の汚名を払拭するときが来るのかもしれない......coming soon?