イケブクログ

池袋の話題を中心にホットなトピックスをお届け

MENU

池袋にも『シティーハンター』がいて良くない?

f:id:ikebukulog:20180323073553j:plain

©北条司/NSP・「2019 劇場版シティーハンター」製作委員会

2019年劇場版『シティーハンター』公開決定!!

伝説の名作『シティーハンター』が復活!!

これほど公開が待ち遠しい映画も久しぶりです!
アニメ自体が20年ぶりくらいの復活じゃないでしょうか?

楽しみすぎてならない......(*゚∀゚)=3ハァハァ
どちらかというと個人的には劇場版よりTVSPの方が印象に残っていて「ザ・シークレット・サービス」や「グッド・バイ・マイ・スイート・ハート」など好きで何度も見た記憶があります。劇場版はこれまでに3作品が製作されており、90年代後半に掛けて公開され「百万ドルの陰謀」が最後だったかな?

作品自体が当時の「東京」というものを色濃く反映した作品ですよね。
後に『エンジェル・ハート』として続編が始まりましたが、『シティーハンター』の復活はファンにとっては嬉しい限りです。

『シティーハンター』は新宿を拠点にしているスゴ腕のスイーパー(掃除屋)「冴羽 獠」とパートナー「槇村 香」が活躍するハードボイルドな格好良さとギャグ、コメディが同居する名作シリーズ。

www.youtube.com

獠と香が新宿に帰ってくる――!

良いなぁ......羨ましいなぁ......新宿。

池袋にもシティーハンターがいて良くない!?

もし『シティーハンター』の舞台が池袋だったら......?

全然シックリ来ませんね(笑)
池袋で始末屋が活躍するイメージがない( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \

こう80年代~90年代の東京には絶妙に荒廃したイメージがありました。
サイバーパンクな世界観というか「メガロポリス」とか「ネオ東京」とか荒廃したディストピアというイメージが80年代から90年代に掛けての東京にはあって、その中でも歌舞伎町などを抱える「新宿」のイメージがあってこそ成り立っていた作品だったのが『シティーハンター』だった気がします。

『シティーハンター』が高田馬場を拠点にしてたら何か嫌じゃないですか(笑)
ブランドイメージっていうのは重要だなと思いますし、欲しくても一朝一夕には得がたい貴重な個性であり、そうした個別のブランドイメージというのは持っているだけで、その場所の大きな強みとなっています。

「秋葉原」だから『アキバレンジャー』がおかしくないし、「池袋」だから『乙女の街』を名乗れるし『IWGP』や『デュラララ』があるわけで、良いイメージも悪いイメージもその街を端的に表すアイコンですよね。

当時の「東京」だからこそ『東京砂漠』のような歌が成り立つわけで、『鳥取砂漠』だったら「砂丘じゃん」の一言で終わってしまいますからね(笑)

池袋に『シティーハンター』は望めないのか......ガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!

しかし『ドラゴンボール』にしてもそうですが、ここにきて過去作品の復活が活発化しているのは、キャラクターを演じられている声優の方々も高齢になってきており今が最後のチャンスという意識があったりするのでしょうか。

これがマイニング需要!?(違います)

『ドラゴンボール超』も劇場版が決定していますが、野沢雅子さんも80歳を超えていらっしゃいますからね。勿論、長生きされて欲しいとは思っていますが、そういつまでも続けられないでしょうし、ここ最近のDBの積極展開は最後のチャンスですよね。

『シティーハンター』も「神谷明」さんと「伊倉一恵」さんで監督も「こだま兼嗣」さんと当時とそのままの布陣なので、まさに今が集結出来るラストチャンスでしょうから大いに期待しています!

特報のPVでも『Get Wild』が流れていますが、恐らく劇場版でもメインテーマとして最後に『Get Wild 2019』がスタッフロールと共に流れるのではと予想していますけど、そういえば小室哲哉さんは引退を表明されていただけに果たして『2019 ver』の新アレンジが聴けるのかどうか......。

ED曲としては不動の人気を誇る『Get Wild』ですが、OP曲の『Angel Night』や『Sara』なども名曲揃いでした。だいたいヘリコプターをコルトパイソン357マグナムで打ち落としているイメージがあります(笑)

現代でも『シティーハンター』は「冴羽 獠」であり続けられるのか?

しかしながら楽しみすぎる劇場版に唯一の懸念があるとすれば、近年ではハリウッド映画でさえベッドシーンを入れない方向に舵を切っている中、『シティーハンター』と言えばそのハードボイルドな格好良さと、コメディタッチの“もっこり”な下ネタ(?)が魅力の作品。

香の100tハンマーも“もっこり”あってこそ成り立つギャグですが、劇場版で全く“もっこり”しない綺麗な「冴羽 獠」になっていたらどうしよう......。

そのうち『ルパン三世』だって次元が禁煙してそうな時代ですからね。
とはいえあくまでもカラッとしたエロスなので全然気まずい感じもなく、ギャグテイストなので心配は不要でしょう。劇場版でも全快でゲストヒロインに“もっこり”してくれるはず(?)

なんならTVシリーズも復活しないかなぁ......。
来年の公開が楽しみです!