イケブクログ

池袋の話題を中心にホットなトピックスをお届け

MENU

パズドラ運営「自首します」消費者庁「うん、駄目w」課徴金5020万円

jisf:id:ikebukulog:20180328171332j:plain

寛大な消費者庁大明神「しゃない半額にしといたるわ」

消費者庁がガンホーの配信している大人気アプリ『パズル&ドラゴンズ』に対して、景表法に基づく違反があったとして課徴金5020万円の納付命令。10/29まで支払いなさいとのこと。

違反内容は、『パズル&ドラゴンズ』で、2017年2月13日から26日までの期間に実施した、特別レアガチャ「魔法石10個!フェス限ヒロインガチャ」で13体全てのモンスターが「究極進化」となるような表示・発言を行っていた。実際は、究極進化は2体のみで、11体は進化するだけであった。

消費者庁、ガンホーに5020万円の課徴金 『パズル&ドラゴンズ』のガチャで景表法違反 自主報告で半額に | Social Game Info

あったなーこんな事件(ノ∀`)アチャー
確か配信で全部進化出来るような事を言っておきながら、一部だけしか進化しないみたいな話だった気がする。

【フェス限ヒロイン騒動まとめ】
11月、値段設定が通常の倍の「フェス限ヒロインガチャ」を実施。
12月、公式生放送にて山本Pが「2月にフェス限ヒロイン全キャラ究極進化します。」と発言。
ファミ通やappbankの記事でもフェス限ヒロインが全キャラ究極進化を予定している事が掲載される。

5周年記念生放送にてフェス限ヒロイン究極進化が発表されるも、実際に究極進化したのは13体中たった2体のみ。
残りの11体は通常の進化となったが、この「進化」も今までのゲーム仕様を無視した変則的なものとなった。
究極進化した2体も「分岐究極」と呼ばれる進化であったため、純粋な「強化」ではなかった。

究極進化によって強化されると見込んで購入したユーザーや、ゲーム仕様を無視した進化に疑問を感じたユーザーがこれに猛反発。
「優良誤認を狙った詐欺行為」だと消費者庁に通報する動きが始まる。

パズドラの広報担当「ムラコ」がTwitterにて「生放送にて誤解を招く発言があった」と発言。

f:id:ikebukulog:20180328172533j:plain

https://matome.naver.jp/odai/2148842282048204001

なお許されん模様

3アウト制の導入はどうだろう?

Appleの規約改定に合わせた遅すぎる確率表記や有利誤認と『パズドラ』もこの手の話は枚挙に暇がありませんが、今回は課徴金5020万円の支払い命令。

自主報告によって支払額は1億円から半額の5020万円に減額されたそうですが、野球やサッカーといったスポーツも問題のあるプレイ、ラフプレイには何かしらの処罰があるわけで、いい加減ソシャゲーもペナルティを明確にして厳格化しないといつまで立ってもこういう事態はなくならないんじゃないでしょうか。

何か問題を起こした場合、3アウト制の導入で2回目までは課徴金の支払いで済むが、3回目には配信停止。1ヶ月~3ヶ月の事業停止くらいの重たい処分とか課しても良いのでは。3回は多いので2回でも十分な気もしますね。1回目で警告、2回やらかしたらアウト。

買いきりのソフトであれば購入金額以上金銭を支払う事はないので問題ありませんが、ソーシャルゲームは課金方式ですからね。しかも必要なものを必要分を購入するアイテム課金と違って、ガチャというのは膨大な利益を生み出す反面、膨大なヘイトも生むので運営もプレイヤーも時間経過と共に疲弊しギスギスしたドライな関係になっていくのはこれはもうシステム上しょうがないというか、そりゃあそのガチャ周りでやらかせば即通報になりますよ。

海外でもこの問題は加熱しており、ギャンブルであるとして規制強化の流れが強まっていますが、マイクロトランザクション、ルートボックスが導入されている時点でゲームの内容とは関係なく低評価の烙印を押されたりと世界的なトレンドになっています。

果たしてソーシャルゲームは『脱ガチャ』することが可能なのか!?