イケブクログ

池袋の話題を中心にホットなトピックスをお届け

MENU

【第7回CG総選挙】中間1位「安部菜々」、圧倒的Cu、新規ボイスは苦戦

f:id:ikebukulog:20180424044553j:plain

【第7回シンデレラガールズ総選挙】中間発表1位は「安部菜々」!!

f:id:ikebukulog:20180424044912j:plain

ウサミン強し!!

遂に発表されました中間発表。
大方の予想通り、本命視されていた「安部菜々」「本田未央」が争う形になっていますが、3位にしっかり「北条加蓮」もランクイン。

票数が分からないのでどれくらい接戦なのか、それとも圧倒的な差がついているのかは分かりませんが、勢いをからするとこのまま安部菜々さんが逃げ切りそうな情勢。

この3人に共通する特徴は、それぞれ過去に苦労してきて今があるというバックボーンが強みになっていますが、ただでさえ普段のコミュから泣かしにきているウサミンだけにCGに輝いたときのコミュは恐らく全P絶対泣かすウーマンなとてつもない破壊力のコミュになりそう......。

全体的な傾向をみると、デレステの票がかなり影響を及ぼしています。
これまで通りであれば、シンデレラガールのトップ争い以外は声無し勢に票が集中していましたが、今回は順当に層が厚くなった結果、上位の壁がこれまで以上に強固なものになっています。

現状、新規で声が付く可能性のある順位にいるのはPaの南条光のみ。
南条PはTwitterなどでも積極的な選挙活動が目に入ってくるくらい活発に稼動していたので上位予想されていましたが、それでも全体5位ではなく、属性2位というポジションであることが壁の高さを物語っていますね。

f:id:ikebukulog:20180424050747p:plain

Co4位の鷹富士茄子さんはギリギリですが、その上が難攻不落の楓さんなので、それを上回れるかどうかが鍵。ただしこの中間発表の結果を踏まえて票が流れれば逆転出来る可能性もありそうなのでそこに賭けたいところです!

年々その「意味」が重くなるシンデレラガール総選挙。
今年はどんなドラマが生まれるのでしょうか?

圧倒的Cu

f:id:ikebukulog:20170903035033p:plain

属性最強を誇るCoが押されているだと!?
今年は圧倒的にCuが強い結果になっています。

TOP10にキュートアイドルが6人もランクイン。
7~10位の並びは凄い。特に志希ちゃんは大躍進です。

例年クールの強さが光りますが、今年は意外な展開に。
今回は上位に入ることで明確にメリットがあるので全力を出したPちゃん達が多かったのでしょうか?

一方で存在感が薄いパッション。
Paは毎年、声を付けたいアイドルに票を集中させてきましたが、その結果として票が分散しているのか全体10位までに本命のちゃんみおしかランクインしていません。

管理人が推している美嘉姉はPa3位。
まだだ。まだ可能性があるはず! 中間後も止まるんじゃねぇぞ......!
なんとかガラスの靴を履かせてあげたい......。

ikebukulog.hatenablog.jp

上位の壁が厚くなったものの、それでも思ったよりデレステの合同選挙で声有りアイドル無双になってないのは朗報です。ただ確実にボイス枠は減っているので、選挙で1~2枠を争う厳しい争いになっています。

新規に声の付くペースは緩やかになりそうですね。
コミックのドラマCDなどでサプボが付いたりすることもありますが、心機一転ボイス総選挙を復活が望まれます。

特に届かないギリギリのラインにいるアイドルの担当Pちゃんは胃が痛い。
これまでであれば翌年に期待出来ましたが、今回からそうはいかなくなっているのでここで駄目なら次は本当に厳しい状況に陥っています。

シンデレラガール総選挙も7回目ということで、今年で7年前。
正直、企画としていつまで続けられるのかも分かりませんし、だからこそ1回1回の比重は大きく、重たくなっています。

CGになれるチャンス、ボイスがつくチャンス、それらは年々減っています。
だからこそこの機会を逃したくないわけで、この1回が重要です。

もうこれで終わってもいい

だからありったけを

第7代シンデレラガールに輝くのは誰なのか?
新たにボイスが付くアイドルはいるのか?

この中間発表の結果を踏まえて、ここから思惑が錯綜するラストスパートが始まりますが、特に浮動票の流れがどう収束していくのかに注目!

今年はドームでのライブも決定していますし、周年イベント開催時期にライブがあるので、新規声付きアイドルはいきなりドームデビューしたりする可能性も考えられ、まさにコンテンツとしては集大成。だからこそ狙いたいシンデレラガールの座。

運命の最終結果が出る5/13まで全力を尽くしましょう!

ikebukulog.hatenablog.jp

※追記

第7回シンデレラガールズの栄冠に輝いたのは安部菜々さん!
おめでとうウサミン!

第7回ということで風が吹いていましたが、とはいえ、それをモノにしたのはウサミンPの弛まぬプロデュース活動あってこその結果だと思います。

この機会を逃したら次があるか分からないというのは実際鬼気迫るものがあり、一人ひとりのPさんが出来ることを全てやった結果がこうして結果となって出ていることを考えると、もう涙なくしては語れませんよね。

「シンデレラガール」のコミュで、ありがとうとか言われたら大号泣不可避w
そしてそれは他のアイドル全てにそういう物語が積み重なってこうして7回目を迎えているわけで、この先も続いてく物語です。

来年こそはきっと自分の担当にも頂上の光景を!
と決意を新たに、今年の総選挙を締めくくりましょう!