イケブクログ

池袋の話題を中心にホットなトピックスをお届け

MENU

池袋がクラシックの聖地に? ラ・フォル・ジュルネTOKYO2018が面白い

f:id:ikebukulog:20180503181817j:plain

『ラ・フォル・ジュルネTOKYO2018』の誘致に成功

「劇場都市」として様々なイベントの誘致を積極的に進めている豊島区ですが、このゴールデンウィークに世界最大級のクラシック音楽祭『ラ・フォル・ジュルネTOKYO2018』が池袋エリアで初開催!!

公式の説明によると、ラ・フォル・ジュルネは、1995年にフランス西部の港町ナントで誕生したクラシック音楽祭で、日本では2005年の初開催以来、多くの音楽ファンの支援を得て成長を続けてきたイベントだそうです。

今年は5/3~5/5までの期間中、東京国際フォーラムの丸の内エリアに加えて池袋エリアが加わっての同時開催ということで、池袋では池袋西口公園と、東京芸術劇場がメイン会場となりました。

いったいどんなイベントかと足を運んで見ると、これが意外や意外、会場が盛り上がる熱いイベントでビックリ! Σ(゚Д゚)ガーン

f:id:ikebukulog:20180503182416j:plain

面白くて思わずガッツリ長時間見ちゃいました(笑)
クラシックの知識と言えばG線上の魔王もとい「G線上のアリア」など有名な曲を聴いた事がある程度のにわか知識しかない管理人ですが、全く問題なく楽しめるイベントになってましたよ!

なんとなくクラシックってイメージとしてはオーケストラが奏でる音楽を座って心静かに聴くみたいなイメージを持っていたのですが、バンブラが奏でるノリの良い楽曲と共に奇抜な衣装をまとった方々が踊っていたりしていて、本質的にはアニパフォと通じるものがあり自然と楽しめて良かったです。

f:id:ikebukulog:20180503184157j:plain

屋台やオフィシャルグッズなども沢山!

前日から続く生憎の雨で午前の部は雨天中止になってしまっていたのですが、午後からは曇り空のすごし易い気候となっており、池袋西口公園にも人が沢山集まっていました。明日以降は問題なく快晴の天候とのことでイベント日和!

f:id:ikebukulog:20180503184701j:plain

f:id:ikebukulog:20180503184531j:plain

f:id:ikebukulog:20180503184607j:plain

グッズも販売されていたのですが、「くま」とかレアじゃないですか(笑)
グッズの種類も一般的で使い易いものが多いですが、USBやリフレクターなんかは珍しくて面白いグッズですね。何気にめっちゃ貴重なグッズな気がする......。

国際的な音楽祭でありながらもその発祥の理念から敷居が低く広く一般的に楽しめる参加型なところが素敵です。

f:id:ikebukulog:20180503185202j:plain

こんな感じのイベントスケジュールになっているみたいですよ♪
全然ピンと来ませんが、今日の感じだとどれも楽しめるはず(笑)

勿論、東京芸術劇場では有料のクラシックコンサートも行われており、クラシックファンには堪らない内容となっています。

案外、人間何でも楽しめるなというのが新鮮な驚きでした。
どんなジャンルでも何かしらの接点があるというか、よもやクラシック音楽祭と面白いと思える日がくるとは......すっかり劇場都市に感化されています。

豊島区は「劇場都市」を目指しているので、今後も池袋でこうしたイベントが増えていくことになるかと思いますが、池袋西口公園も現在の公園から大きく整備されて新しく生まれ変わります!

ikebukulog.hatenablog.jp

設備の老朽化など施設の劣化が激しい池袋西口公園ですが、再整備でよりいっそう音楽イベントに適した公園になるそうなので楽しみですね!