イケブクログ

池袋の話題を中心にホットなトピックスをお届け

MENU

アイマスさん、うっかり2017年アイドルゲーム売上の44%を占めてしまう

f:id:ikebukulog:20180521154122j:plain

2次元アイドルゲームの総売上698億、デレステ266億

f:id:ikebukulog:20180521154227j:plain

ひぃ!? 課金するから許してください!

白封筒と天井だけは勘弁してくだしあ><

という懇願をちひろさんにしてみたところで、『2017年2次元アイドルモバイルゲーム売上分析』が公開されました!

2017年に20億円以上の売上があった主要アイドルモバイルゲーム9本を分析したもので、2次元アイドルモバイルゲームの総売上は698億円となっており、デレステは266億アイマス3タイトル(デレステ、ミリシタ、エムマス)の合計は314億円となり、全体の44%という驚異的水準となっています。

f:id:ikebukulog:20180522043233j:plain

  • アイドルマスターシンデレラガールズ スターライトステージ 266億円
  • バンドリ !ガールズバンドパーティー 91億円
  • あんさんぶるスターズ! 88億円
  • A3! 73億円

http://www.mobileindex.com/report/poll_20180521J.asp

『ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル』だけ数字の記載がありませんが、『バンドリ』『あんスタ』に挟まれての3位なので、90億円くらいでしょう。

アイマス系を除くと384億円となっており、驚きなのは女性向け2次元アイドルゲームの『あんスタ』や『A3!』の目を見張る躍進です。

なんとなく女性向けは各作品にバラけている印象だったのですが、男性向けとあまり変わらない構造となっており、勝ち負けがハッキリ数字に出ていますね!

因みに上の図だと「その他」の部分は『ミリシタ』と『エムマス』、他には『アイドリッシュセブン』となっているので、それを考えると名前が挙がらない2次元アイドルゲームは相当厳しい状況にあることが伺えます。

2次元アイドルゲームは一見参入が多く華やかに見えますが、実は殆ど成功していないというのが改めて図で示されているのが分かるのではないでしょうか?

ikebukulog.hatenablog.jp

今年は新たに『シャイニーカラーズ』も加入

ますますアイマス系の比率が上がりそうですが、ただ『シャニマス』はモバイルプラットフォームではなく、自社プラットフォームのブラウザゲームなので、含むかどうかは微妙なところかもしれません。

f:id:ikebukulog:20180521161256j:plain

1日に平均どれくらいガチャが回るのか?
デスレテさん酷すぎるよ......。

ただこれは月間売上を日数で平均したものなので、実際は毎日この数字通りガチャが回るというわけではなく、限定やフェスといった施策に合わせて比率が変わるので、デレステで言うと普段の恒常SSRが排出されるタイミングでこれだけ回っているという意味ではありません。

個人的には『あんさんぶるスターズ!』の人気にビックリです。
そりゃあローソンのキャンペーンも長期間やるよね(笑)

ikebukulog.hatenablog.jp

今後はKLab×KADOKAWAによる『ラピスリライツ ~この世界のアイドルは魔法が使える~』やcolyさんの『オンエア!』、コロプラさんの『DREAM!ing』など2018年も2次元アイドルモバイルゲーム市場には有力タイトルが続々投入される予定となっているので、そうした作品がアイマスの牙城を崩せるのかに注目です!

他方ソーシャルゲーム業界全体で言うと2017年(1/1~10/3)までの売上ランキング1位は『モンスターストライク』1041億円、2位『Fate/Grand Order』896億円となっており、『Fate/Grand Order』一つで2次元アイドルゲームの総売上を上回っていることが分かります。

とはいえ、この比較はアプリのみであり、アイドルゲームの強みはライブやCDといったアプリ外の展開がメインとなる部分もあるので一概には言えません。

しかしながら、今回公開されたデータを見ても20億円という水準に乗っている作品が少ないことを考えると、かなりの両極端なジャンルで当たれば天国、負ければ地獄。

そりゃあバンダイナムコさんが儲かるわけですよ(笑)
渋谷の一等地に劇場建設に動くのもライブエンターテイメントをより強化する為ですし、このジャンルにおいては圧倒的存在感を誇っていますね。

ikebukulog.hatenablog.jp

13年前ゲームセンターの隅っこで細々とアーケード展開していたアイマスですが、なんだか感慨深い話です。