イケブクログ

池袋の話題を中心にホットなトピックスをお届け

MENU

【呪いに苦しむ秋葉原】コスプレイベントが中止に? 池袋も他人事ではないよね

f:id:ikebukulog:20151206150210j:plain

予定されていた「AKIBAコスプレイベント」が開催中止

f:id:ikebukulog:20180523060030j:plain

10年が経過しても未だ呪いに苦しむ秋葉原。

やはり駄目でしたかーΣ(°д°lll)ガーン
6/3に秋葉原の歩行者天国で予定されていた街コスイベント「AKIBAコスプレイベント」が開催中止となりました。理由としては条件が整わないというのが原因のようです。

当初は歩行者天国で撮影会を開催するのは駄目でも、(流動的)にコスプレイヤーの写真を撮るだけならグレーというような見解が示されていたそうですが、やはり関係各所との調整は折り合わず開催中止という事態になった模様。

秋葉原でコスプレを見かける事も多いですが、現在街で見掛けるコスプレは企業主催によるイベントで公式レイヤーさんがビラを配ったりといったもので、広く一般的なコスプレイベントというものは行われていません。

かつて同様に秋葉原でコスプレイベントを復活させようという動きが何度もありましたが、いずれも(街コスという形では)実現しておらず、会場内限定というような形で制限されており、歩行者天国でのそうした行為(パフォーマンス)は禁止されています。

言うまでもなく2008年に発生したおぞましい秋葉原無差別殺傷通り魔事件の影響ですが、秋葉原は10年が経過した今でもその呪いに苦しんでいると言えそうです。

しかしそれでも10年。
当時の事を知らない世代も増えてくる時期ですし、10年前の秋葉原の状況というのを考えると、万世橋警察所や地元商店街が慎重な姿勢で協力を得られないというのは仕方ないようにも思えます。

何せ歩行者天国の復活ですら2年半掛かってようやく実現しましたからね!
それを考えると再開しただけでも奇跡的で、だからこそ当時のような無法地帯化を恐れている部分はありますし、これはもうどうにもならない問題じゃないかなぁ......。

そしてこれは決して池袋にも無縁な話でもなく、そういうことを何処かでちゃんと憶えておく必要があるんでしょうね。

全国で街コスイベントも増えていますし、リスクに対する認識っていうのは持っておくべきなんだろうなぁ......(´ω`)・・トホー

非日常の日常

当時の秋葉原を形容するなら、そんなワードになるでしょうか?
今思い出してもカオスに包まれた異常な空間だったと思います。

f:id:ikebukulog:20180408060146j:plain

エアガンを乱射したり、AV女優が露出撮影会をしたりと無法地帯でした。
当時の写真を見返してみると、本当に非現実的であり、しかしその非日常が日常として成立していたという事実に不思議な気分です。

管理人もその頃は頻繁に通っていて、事件当日も逮捕現場の目と鼻の先にあるKFCでケンタッキーを食べているときに事件が起こって大騒ぎになっていたので良く憶えています。

一歩間違えれば自分が被害者でしたし、色んな所から心配のメールが送られてきたりしましたが、あの事件はトラウマとして、個人だけではなく秋葉原そのものに刻み込まれています。

コスプレイベントの是非

正直、どっちの気持ちも分かるという人が多いのではないでしょうか?
秋葉原が盛り上がって欲しい気持ちもあるし、その逆に当時のようになって欲しくない気持ちあって板ばさみの現状維持という状況だと思います。

外国人観光客も当時と比べて相当数増加していますし、折角あれだけ広い歩行者天国を活用して、そういう華やかなイベントが開催されれば停滞感の漂う秋葉原が盛り上がる事は間違いないでしょう。

心情的にも秋葉原はオタクにとっては心の故郷みたいなものなので、キラメキを取り戻して欲しい気持ちもありますが......(-_-)

例えばここ何年かハロウィンが注目されていますが、本来ハロウィンイベント=仮装で最も盛り上がりそうな街は秋葉原じゃないですか。しかし実際はハロウィンイベントでの秋葉原の存在感は低いですよね。大規模なイベントが開催出来ないので仕方ありません。

それで言うならハロウィン当日の渋谷のスクランブル交差点が、10年前の秋葉原の歩行者天国が持っていた雰囲気に近いかもしれません。渋谷がハロウィンで深夜に無法地帯化するのは年1回ですが、あのようなカオス空間が毎週それも白昼で行われていたわけで、まさに秋葉原バブルだったんでしょう。

現在、全国で行われている街コスイベントはしっかり管理されています。
それはやはり当時の管理されていない無法地帯化による反省がありそうです。

池袋でも毎月定期的にacosta![アコスタ]が開催され、街中を良くコスプレイヤーさんが歩いていますし、東口全体を使った『池袋ハロウィンコスプレフェス』も大規模に行われています。

それが実現しているのは、豊島区の行政、サンシャイン商店街の協力といった部分がしっかり出来ているからでしょうし、その協力関係が崩れるような事になれば、すぐに今のような自由は失われる事になるわけで、それを思うと、今の池袋の状況が、どれほどの価値があるのかっていうことを改めて認識しておきたいですよね。これは本当に得がたい貴重なものだと思う。

いつか秋葉原でこうしたイベントが復活する日が来るのでしょうか?
なんとなく今の重苦しい雰囲気はDQ3のアレフガルドを彷彿とさせますが、わだかまりが解ける日が来るのを待ちたいですね!