イケブクログ

池袋の話題を中心にホットなトピックスをお届け

MENU

アエリア、イケメンシリーズのサイバードを買収で業界再編の新時代到来か?

f:id:ikebukulog:20180520155325j:plain

ソーシャルゲームメーカーの統廃合が始まる!

f:id:ikebukulog:20170511190539j:plain

子会社に『A3!』『アイチュウ!』などを手がけるリベル・エンタテインメントを持つアエリアが、「イケメン」シリーズなどでお馴染みのサイバードを70億円で買収という衝撃の発表!

完全子会社化することで、リベル・エンタテインメントとの協業によりシナジーを高め、女性向けアプリゲームの基盤をより強固なものにしていく戦略のようです。

株式会社サイバードの株式取得(完全子会社化)について
https://www.aeria.jp/pdf/jb4aAECTX

サイバードさんはシリーズ最新作『イケメンライブ 恋の歌をキミに』のリリース直前という絶妙なタイミングであり、業界的にも非常にエポックな出来事かもしれません。

買収費用の70億円は、現預金の他、一部新株予約権の行使によって得た資金全額を充当するとのこと。状況によっては手元資金や金融機関からの短期借り入れなどで賄うそうですが、この買収劇はこれこら起こりうるソーシャルゲーム市場の大変動を暗示しているのかもしれません!

バンダイとナムコ、セガとサミー、コナミとハドソン、コーエーとテクモ、そしてスクウェアとエニックス……。

かつて家庭用ゲーム市場においても、2000年代前半、取り巻く環境が激変していく中でメーカーの統廃合が一気に進んだ時期がありました。

ハード(端末性能)の向上、ゲーム性の進化、市場のグローバル化、開発費の高騰といった速すぎる変化に対応する為、メーカーの統廃合が起こり家庭用ゲーム業界は否応にも再編されていく激動の時代を迎えるのですが、ソーシャルゲームメーカーもまた驚くべき速度で同じ道を辿っているような気がします。

これはこれから起こる再編の序章に過ぎない!

ブラッドオーシャンで起こるM&A

f:id:ikebukulog:20180529060526j:plain

アエリアさんってどんな企業なのかと思って公式HPを見たら関連子会社が多くて、プレスリリースも子会社のものばかりなので、それらを繋ぐHUBのようなスタンスの企業なんですね。

乙女向けコンテンツでお馴染み「honeybee(ハニービー)」のブランドを持つアスガルドさんも子会社だったとは全然知りませんでした(´・∀・`)ヘェー

現在ソーシャルゲーム各社は何処も次のヒット作を模索しています。
そもそも一発当てることも難しいのですが、ガンホーであれば『パズドラ』、mixiなら『モンスト』、コロプラなら『白猫』といったように大ヒットしたアプリ頼りな面が大きいのが現状です。

一つがヒットしたからといって次もヒットするとは限らず、様々な試行錯誤を繰り返していますが、開発費の高騰に加え年々新規アプリのヒット確率は低下の一途と、挑戦出来る状況もそう長くは続かないのは明らかです。

そうなると既にヒットしている作品を抱えているメーカー同士での統廃合、合併といった動きが加速していくことになりそうです! Σ(°д°lll)ガーン

資本力では世界的に展開しているコンシュマー大手5社が強いので、そうした元での再編になるのか、或いは新興ソーシャルゲームメーカー同士での合併が進んでいくのかは未知数ですが、通信速度が10Gbpsを超えると言われる次世代移動通信「5G」が本格化してくる2020年頃までには、ソーシャルゲームメーカーの統廃合は相当進行していそうな気配……。

女性向けの市場での基盤を強固なものにしていくというアエリアさんのような動きが、今度どんどん活発化していくことになるのでは?

ソーシャルゲーム新時代に生き残る企業は何処だ! m9っ`Д´)