イケブクログ

池袋の話題を中心にホットなトピックスをお届け

MENU

池袋P’PARCOでアニメ『Dies irae』期間限定SHOP開催!!

f:id:ikebukulog:20180604154154j:plain

©light/Dies irae ANIME PROJECT

更に盛り上がる『Dies irae』の世界

昨年12月にアニメの放送が終了した『Dies irae』。
その続きとなる第12話~第17話「To the Ring Reincarnation」が7/1からAbemaTVにて先行一挙配決定!

『Dies irae』と言えば元は10年前の2007年に発売されたPCゲームですが、当時からクラウドファンディングなど紆余曲折色々ありましたが遂にはアニメの放送、期間限定SHOPにコミカライズやソーシャルゲーム化などここにきて大きな動きを見せています。

アニメの放送を記念して6/22(金)~7/11の間、池袋P’PARCO 3階 Limited Baseにて『Dies irae SHOP in 池袋P’PARCO』が開催!

更に池袋P’PARCO 1階 ニコニコ本社ニコニコサテライトブースでは6/30に『Dies irae ラジオ』の復活放送が開催決定!!

他にもコンビニのマルチプリント機でブロマイドを印刷出来たり、両国KFCホールにて開催される「2018どすこいプロレス」プレゼントマッチなど他方に渡って多岐に展開している『Dies irae』。

情報量が多くて驚くばかりですが楽しみです!

業界で数少ない成功例となった最高額のクラウドファンディング

f:id:ikebukulog:20180604160419j:plain

詳細はまだ未定となっていますが、2018年内にはスマホアプリゲームもリリースされるそうなので楽しみです!

管理人は元のPCゲーム版をプレイしたことがありますが、それがまさか10年経ってこんな展開になるとは......。

アニメ制作の為、2015年にはクラウドファンディングで国内最高額となる9656万円を集めるなど話題になりましたが、この業界(PCゲーム業界)も一時期クラウドファンディングでの資金調達が機運として盛り上がったことがありました。

資金調達に成功してファンとWin-Winの関係を築けているメーカーもあれば、当然のように見込みの甘いガバガバなクラウドファンディングを慣行して大問題になった例も。

クラウドファンディングではKickstarterが有名ですが、目標金額を設定し、支援者を募って支援額が目標金額を達成した時点で振り込みを行うKickstarterなどのようなシステムに対して、とりあえず先にいきなり振込みをさせるという仕組みを取っているところもあり、それはちょっと余程運営が信用出来るとかじゃないと不安ですよね。

その昔、『クライミ○イ』という作品ではジャンルに対して8桁の無謀な目標金額設定、事前振込み、挙句に未達成でクラウドファンディングの募集期間を勝手に引き延ばすなど悪行三昧で結局破綻。

当然返金訴訟を起こされそうになり、数年に渡ってグダグダを繰り返したのですが、こういうのは枚挙に暇がありませんが、案外成功しないのがクラウドファンディングだけに、その点では『Dies irae』はかなりしっかりと運営されていました(笑)

今後もメディアミックスが続く『Dies irae』。
どこまで『Dies irae』の世界が拡大するのか目が離せない!