イケブクログ

池袋の話題を中心にホットなトピックスをお届け

MENU

ソーシャルゲーム日中貿易摩擦、日本が110億円の赤字で中国に資本流出

f:id:ikebukulog:20180608062924j:plain

日本307億円、中国417億円で日本が110億円のマイナスに......

日本と中国のソーシャルゲーム市場を分析したIGAWorksの調査結果によると、「中国に進出した日本モバイルゲームの2017年の総合売上高は307億円」で、「日本に進出した中国モバイルゲームの総合売上高は417億円」との調査結果が発表!

中国モバイルゲームの日本総合売上が日本モバイルゲームの中国総合売上高を110億円程上回っており、日本側が110億円のマイナスになっています。

f:id:ikebukulog:20180608064224j:plain

これは結構色んな意味でショッキングな結果です(´・ω・`)
日本側のトップは『Fate/Grand Order』の132億円、中国側のトップは『THE KING OF FIGHTERS 98UM OL』の98億円となっています。

日本が輸出しているゲームが『FGO』以外全て「ワンピース」や「ドラゴンボール」といったジャンプ系IPなのに対して、中国側は女性向けの『あんさんぶるスターズ』や人気ジャンルのバトロワ『荒野行動』、そして『アズールレーン』など多様なIPが名を連ねており、ソーシャルゲーム市場においてもCS市場と同じく日本のゲームが国際競争力を失いつつあるということが分かります。

だとするなら人気IP頼りの日本側と、ゲームとして勝負出来る中国側とでは今後も差が付く一方ということに......。

ソーシャルゲーム日中貿易摩擦が拡大している!!

f:id:ikebukulog:20170511190539j:plain

本当の問題は米中資本戦争?

f:id:ikebukulog:20180608073515j:plain

  • ゲームの国家分類は開発会社の所属国家を基準に分類。日中共同開発タイトルの場合、日本ゲームに分類
  • 例)火影忍者:日本IP/日本のバンダイナムコエンターテインメントと中国のテンセント同時開発/テンセントパブリッシング→日本ゲーム
  • 例2)THE KING OF FIGHTERS 98UM OL:日本IP/中国のOURPALM開発/OURPALMパブリッシング→中国ゲーム

この分析調査はかなり大雑把というか、こうした前提条件で比較されているのですが、日本と中国で状況が違いすぎるので全て鵜呑みにするのも危険な気も。

例えば『アズールレーン』なんかは中国だと規制が厳しいですもんね。
昨年12月の売上は中国版だとiOS版のみで約1億3000万円、日本版はiOS+Androidで約22億1000万円だそうなので、その国の規制の状況などにもよって大きく差が出ています。

中国では更にスマホアプリの法規制が強化されるそうなので、『FGO』なども影響を受けるそうですが、どちらにせよ過激なイラストで釣る(しか能のない)日本産ソーシャルゲームは通用しない状況。

今回はソーシャルゲームの調査結果ですが、実際の問題はCSゲーム業界と同じように米中資本戦争にあるのは何となく察しが付きます。

ikebukulog.hatenablog.jp

近年、米中のエンタメ業界は急激な再編が進んでいます。
ディズニーによる21世紀FOXの巨額買収もありましたが、映画、ゲームといったエンタメ業界が急激に再編されつつあり、今後、MSやテンセントなど米中の大手数社に統合されていく流れはより加速していくことは明らかです。

MicrosoftがElectronic Arts(EA)、Steam、PUBG Corp.を買収するのではという噂が流れていますが、そうした流れの一環であることは間違いありません。この辺の詳細は来週開催のE3近辺で徐々に真相が明らかになっていくかと思いますが、PUBG Corp.に関してはMobile版を手掛けているテンセントも買収を検討している報道が出ているだけに奪い合いがどうなるのか注目です!

因みに『Destiny』や『Halo』など名だたるAAAソフトを手掛けてきたBungieは『荒野行動』などを運営する中国企業のNetEase傘下に。1億ドルの支援を受けて新作AAAタイトルの開発を行うとのことで、こうした水面下での米中の対立は先鋭化しています。

Steamもテンセントの参入で今後更に厳しい状況になっていくでしょうし、そうした大きな趨勢を考えると、日中間の差はあまり意味を成さないというか、重要ではないのかもしれませんね。

国内の大手メーカーも何処まで独立を保ってられるのかは微妙なところ。
数年後にはMS傘下、テンセント傘下のメーカーが出てもおかしくない。

国内ですらFFDQMHMGSバイオ無双如くなどサードパーティが抱える有力タイトルを全て出してもハードを牽引する力がないくらい脆弱化しているので、全くありえないという話でもありません。そもそも日本だってゲーム業界は2000年代前半に吸収合併が相次いで今の大手数社という構図が出来上がったので、それがグローバルで展開しているんでしょうね。

それにしても中国で稼いでいるソーシャルゲームが『FGO』以外ジャンプしかないという事実はかなり衝撃的というかショックです。

ガチャを如何に楽して回させるかだけしか考えてこなったツケなのか!?
なんとも寂しい結果です。