イケブクログ

池袋の話題を中心にホットなトピックスをお届け

MENU

豊島区、公園に打ち水すれば温度が下がる画期的科学実験を敢行!!

f:id:ikebukulog:20180612060921j:plain

謎に包まれている「打ち水」効果の実証実験を敢行!

f:id:ikebukulog:20180612061208j:plain

豊島区が「打ち水」効果に科学で挑む!

永遠の謎とも言える「打ち水」。
暑い季節になると、とりあえず水を撒いて熱を下げようと行われる「打ち水」ですが、果たしてその効果は如何ほどなのか、迷信なのかそれとも限りない真実なのか、謎に包まれている「打ち水」の秘密を暴く為、豊島区が遂に本気になりました!

温暖化に対抗すべく人類に残された唯一の手段なのか、逆にそれは禁断の......。

という冗談はさておき、南池袋公園サクラテラスにて「打ち水」実験をして結果を観測しようぜ! というイベントが6/13と7/24に開催。

一般財団法人 日本気象協会が推進する「熱中症ゼロへ」プロジェクトの一環として、「FFパートナーシップ協定」を結び協力関係にある豊島区と共同で行う活動の第1弾として開催されるそうです!

本実験では、梅雨入り前後の時期と夏の暑さが本格化する時期の2回、一般のかたに参加いただいて打ち水を行い、打ち水実施前後の公園内の温度変化を温熱サーモカメラで静止画撮影します。当日は、公園内のカフェにおいて、参加者に実証の速報結果を公開するとともに、打ち水のメカニズムや、熱中症について解説します。「熱中症ゼロへ」プロジェクトは、本実験を通じて、古くから暑さ対策として行われてきた打ち水の効果を実感してもらい、熱中症予防に対する意識を持っていただくことを目指しています。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000039.000013502.html

とりあえず、天気予報を見ると一応6/13は晴れっぽいので良かったです。
梅雨シーズンだけに、雨の降る中「打ち水」実験とかやったらあまりの空しさに虚無感に苛まれる事になりますが、気温も最高が27℃と程々みたいなので最適な実験日和ですね(笑)

熱中症での死亡率はクソ高い

秋葉原でも毎年メイドさんが「打ち水」をして気温を下げる「うち水っ娘大集合!」などのイベントが行われていますが、実際馬鹿に出来ないのが熱中症。

しかもこれは心身が健康、年齢、老若男女関わらず誰でも起こり得る事なので、非常に危険で毎年多数の死者を出しています。

f:id:ikebukulog:20171019192651p:plain

湿度の高くなるこの梅雨シーズンから夏にかけて、毎年、猛暑か冷夏で数字が大きく変動しますが、厚生労働省の資料によると、平成28年の熱中症での死者は621人、平成27年は968人となっています。

平成22年が突出しており1731人。その前年の平成21年は236人と、気温によって差が激しいのが特徴ですが、都道府県別で見ると、東京は熱中症での死亡者がトップクラスに多い県の一つです(平成27年は東京が1位で154人)。

大都市に多いことから、単純に人口の多さが数字に反映されているので一概には言えませんが、東京は熱中症のリスクが高い地域と言えることは間違いありません。因みに最も熱中症での死亡者が少ないのは島根県です。

この時期、朝起きると何となく手足に痙攣のような症状が感じる事がありますが、脱水症状は熱中症の危険サインなので、すぐに水分補給をするようにしています。睡眠中は意思のコントロールが効かないので気をつけたいものです。

オタク的にも熱中症対策は必須です!
特に夏コミに参加されている方は、それはもう見飽きるくらいに注意書きを見ていると思いますが、炎天下の中、早朝から並ぶ夏コミはまさに熱中症の格好の的。

うっかりすると同人誌片手に死にます(笑)
いや、まぁ全然笑い事じゃないんですけど。

そんなわけで準備会も口を酸っぱく熱中症対策について案内をしていますが、初めて参加されるという方は本当に気をつけてくださいね!

実際、毎年倒れて緊急搬送されたる方、医療テントに運ばれる方など大勢出ているので、自分で出来る対策は必ず取っておきたいところです。

最近では夏コミの環境が苛酷すぎるからなのか、夏コミの来場者数は年々減少傾向にあり、その分、冬コミの来場者数が増えるという異常事態が起こっています。

ikebukulog.hatenablog.jp

 本来、大晦日開催の冬コミは人が少ない傾向にあったのですが、2日間開催も今は昔、現在では3日間で夏コミより混雑するようになっているので、それほど夏は辛いのがコミケ。

出来れば危険を感じる前に対応するのがベストです。
ヤバイと感じる状況は既に深刻なので、要注意ですよ!

そんな熱中症の危険の解説と、打ち水による効果を実験、観測出来るイベント「熱中症ゼロへ」×豊島区に参加しては如何でしょうか?

「熱中症ゼロへ」プロジェクト サーモカメラで見る!打ち水効果の観測実験in 南池袋公園 開催概要

◆開催日時
【1回目】2018年6月13日(水)[予備日6月19日(火)] 14:00~15:00
【2回目】2018年7月24日(火)[予備日7月26日(木)] 14:00~15:00

<タイムスケジュール>
14:00-14:30 サクラテラスにて打ち水を実施
14:30-15:00 カフェにて打ち水の結果、打ち水効果のメカニズム、熱中症についての解説