イケブクログ

池袋の話題を中心にホットなトピックスをお届け

MENU

池袋北口の新しい『ドン・キホーテ』に行ってみた!(オープン後編)

f:id:ikebukulog:20180616064950j:plain

ドン・キホーテ池袋駅北口店が遂にOPEN!

ということで、早速行って来ました『ドン・キホーテ池袋駅北口店』。
北口となっていますが、池袋西口エリアの新たなシンボルとしてOPENすることになった『ドン・キホーテ池袋北口店』。

前回はオープン前編だったので、今回はオープン後編です(笑)

f:id:ikebukulog:20180616065354j:plain

前回様子を見に行ってから3週間程経過していますが、外装もより華やかになり、随分とドンキっぽくなりましたね!

ikebukulog.hatenablog.jp

池袋には東口駅前店、北池袋店の2店舗がありますが、新たに池袋駅北口店が増え3店舗になりました。地下1階から地上4階までの5フロア構成となっており、上の階にはネットカフェなどが入っています。

そんなわけで池袋的にはそこまで珍しくないドン・キホーテですが、それをあえて見に行ったのには理由があります!

この池袋駅北口店は、豊島区池袋が国際アート・カルチャー都市構想の下、演劇やアニメなどの文化が盛んなエリアであることを受けて、国内外のお客さまに向け、店頭で様々なイベントを開催し、アミューズメント性を強化した情報発信型店舗を目指すというコンセプトを掲げています。

上記のコンセプトからすると、オタク街的な関わりが何かしらありそうな店舗になりそうなので、いったいどんなものかと立ち寄ってみたのですが……。

池袋駅北口店に迫る!

立地が店舗に及ぼす絶大な影響

f:id:ikebukulog:20180616070841j:plain

f:id:ikebukulog:20180616070857j:plain

f:id:ikebukulog:20180616074155j:plain

f:id:ikebukulog:20180616070915j:plain

ドン・キホーテの特徴と言えば、店内に所狭しと商品が並べられた圧縮陳列ですが、池袋駅北口店も勿論その例にならい様々な商品が並んでいました。

訪日外国人観光客向けにお菓子や医薬品、ご当地お土産、プチプラコスメなどを豊富に取り揃え、免税カウンターも設置。

思ったより通路が広く取ってあり、窮屈で人とすれ違うのも大変という程には手狭でもなかったので、結構ゆったり買い物出来るんじゃないでしょうか?

エレベーターを使わなくても階段も大きくて上り下りし易いですし、ドン・キホーテさんの店舗としてはかなり快適でした!

オープン初日にも関わらず、既に大勢の人が買い物に来ており、かなり賑わっていました。場所柄人が減るということは有り得ないので、24時間営業ですし旗艦店として重宝されていきそうです。

そして気になっていた肝心の情報発信型店舗要素ですが、初日の段階ではそれを発見することは出来ませんでした(笑)

コンセプトから考えると、イベントスペースがフロア内に併設されるなど、何かしら他店のドン・キホーテと違う要素があるのかなと思ったのですが、そうした違いは特に見られず一般的なドン・キホーテさんらしい仕上がりの店舗に。

リリースを読むと、情報発信型店舗としての役割は店内、フロア内ではなく、店頭がそれに該当する要素みたいですね。なので今後、店頭で様々なイベントが開催されていくものと思われるので、イベントスケジュールをチェックしておきたいところです。

が、しかし!

行ってみて思ったんですけど、めっちゃ池袋西口(北口)っぽいなぁ……。
っていう感想を持ちました(笑)

なんとなく普段多くの人が持っているであろう池袋西口(北口)というものに対しての印象というかイメージみたいなものがあるじゃないですか。

中華街であるとか、ちょっと粗野や感じというか。
客層は概ねそんな雰囲気がありました。

外国人も多かったですし、別にそれが悪いというわけではなく、そもそも池袋西口(北口)のあの周辺は元々がそういう地域であり、そういう文化なので、そうなるのはむしろ当たり前のことであって、それ自体はごく自然なものです。

やたら気合の入った「TENGA」SHOPとかもフロア内に出来ていましたが、場所がそういうエリアなので、そこに合わせた店舗になっているのはむしろ適切です。

要するに何が言いたいかっていうと、ちょっとアノ場所で国際アート・カルチャー都市というコンセプトを掲げる池袋と連動するような情報発信型店舗として運営していくのは客層が全く合わないんじゃないかと思った。

そういう文化的な香りが全くしないというか(笑)
客層っていうのは、その質が大きく変わることはありませんしね。

例外的にHareza池袋エリアはアニメイトさんが移転してきたことで大きく客層が変わりましたが、それが成立したのは、あの周辺の大規模再開発の過程でそうなるように仕向けて、それを許容する土壌があったからであって、池袋駅北口店は、あの周辺の客層にあった店舗として重宝されることはあっても、あまりオタク街的な関わりはないんじゃないかなぁ……。

それをやると異質な雰囲気になりそう。
池袋東口だと、ジーンズメイトさんに「おそ松さん」のスタンドPOPが設置されたり、GW期間中にカジュアルファッションを取り扱う「ライトオン」さんが「とらのあな」さんとコラボしたりしていましたが、そんな一見有り得なさそうなことが起こるのは、東口がそれだけそうした層が多いからじゃないですか。

ikebukulog.hatenablog.jp

商業施設や店舗はそのエリアの客層に大きく影響されますし、そこに合わせて変化していくものなので、池袋駅北口店の方向性は既に見えているような気がします。

マルイさんもそうなんですけど、西口は中々東口のようにはいかないよね。
根本的に東西共にそうなる必要があるのかっていう話でもありますけど。

管理人なんかは面白がって西口もオタク街化すれば良いのにとか無責任に煽ってますが、早々上手くはいかないだろうなっていうのを客層を見て痛感しました(笑)

とはいえ便利な事には違いないので、結局なんだかんだで足を運ぶ事になりそうな池袋駅北口店ですが、今後どんな店舗運営をしていくのか期待しましょう!