イケブクログ

池袋の話題を中心にホットなトピックスをお届け

MENU

セガサミー乙女ゲームのカジノ『Win His Heart Slots』を配信※日本除く

f:id:ikebukulog:20180622053630j:plain

©2018 Sammy Networks ©2014 NTT Solmare Corp.

サミーネットワークス『Win His Heart Slots』を全世界へ配信

※ただし日本、中国、EUを除く

セガサミーの完全子会社であるサミーネットワークスは、NTTソルマーレとタッグを組み世界134カ国で乙女ゲームをモチーフにしたカジノスロットゲーム『Win His Heart Slots』を配信!

『Win His Heart Slots』には、NTTソルマーレが海外の女性ユーザ向けに提供する全米No.1の乙女ゲームシリーズ『Shall we date?』のキャラクターが登場し、スロット台のレベルが上がると様々なキャラクターとのロマンスが楽しめるとのこと。

世界167ヵ国で配信され、累計ダウンロード数は何と3,200万回を突破しているそうです。乙女ゲームの北米需要にビックリですが、なんとも多方面で驚かされる話題です。

米国のモバイルカジノゲーム(Google Play、App Store)は2017年には市場規模1,700億円まで成長しているそうですが、日本の企業が配信するゲームで、日本でこうしたリリースが出されているにも関わらず、日本は除外されているというのは、何とも腑に落ちない話です。

カジノ問題は最近カジノ法案も通ったので、国内でも今後どんどん状況が変わってくるかとは思いますが、現状はグレー中のグレー。

『Win His Heart Slots』も日本、中国、EUを除くということは、規模的に実質世界の半分はアウトなわけで、残る主要地域は北米だけということを考えると、今後、厳しくなる事はあっても、市場が成長するのかなという疑問が残りますが、果たしてオンラインカジノはどうなっていくのか!?

サミー起死回生の一手となる?

f:id:ikebukulog:20180622055703j:plain

合併してセガサミーになって以来、以前はセガはサミーの足を引っ張るお荷物みたいに言われていたのですが、最近ではパチンコ規制が苛烈になった所為で、サミーの業績も悪化し落ち込んでいます。

そんなわけで、サミーはカジノ事業に注力。
国内でのカジノ解禁に先駆けて、セガサミーホールディングスが45%、韓国カジノ大手のパラダイスが55%を出資した統合型リゾート施設「パラダイスシティ」を韓国仁川にオープン。カジノ運営のノウハウを学んでいます。

オンラインカジノは日本で2016年に逮捕者が出るという事件がありましたが、合法であるか違法であるかハッキリしません。逮捕された3人のうち2人は略式起訴、争った1人も不起訴となっているので明確に違法であるとは言えなそうです。

ということは、『Win His Heart Slots』も日本で配信して問題ないようにも思えますが、運営が国内企業で、日本人にカジノを提供したとすると、これはもう一発アウトになりそうなので、やっぱり無理そうですね。

しかしながら、海外のカジノが合法な国から配信されるオンラインカジノは国内からプレイが出来て、国内企業が海外のカジノが合法な国に配信するオンラインカジノは国内からプレイ出来ないというのは倒錯してるなぁ......。

とはいえ、どちらにしてもソーシャルゲームの重課金、廃課金が深刻な社会問題となる日本でカジノというのは、やはり何処か危険さを感じされるのも事実です。

オランダなんかでも、ルートボックスは賭博じゃねーか!
っていう決定を受けてルートボックスを採用したゲームがSteamから削除されたりしていますし、どちらかというとこうした規制は今後強化される方向へ流れが向いている気がしますね。

国内でのカジノ解禁でどうなるのか注目です!

タイトル: Win His Heart Slots
料金: 基本プレイ無料(アイテム課金制)
配信日:2018年6月21日(木)
※日本、中国、EUなど一部を除いた134か国と地域で配信
配信プラットフォーム
Google Play:
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.sammynet.next.sa0008
App Store:
https://itunes.apple.com/us/app/id1340809048
※日本のアカウントからダウンロード不可