イケブクログ

池袋の話題を中心にホットなトピックスをお届け

MENU

【国民的RPG】ドラクエとFFの2017年アプリ総売上は584億円に達する

f:id:ikebukulog:20180625162810j:plain

ドラゴンクエストvsファイナルファンタジー

スクウェアエニックスが誇る2枚看板『ドラゴンクエスト』『ファイナルファンジー』ですが、なんと2つ合わせたアプリの総売上は584億円となるそうです!

そりゃあ乱発するわけだ......。
内訳はドラクエ296億円、FF288億円ということでほぼ同水準。
『DQモンスターズ スーパーライト』『星ドラ』『FF Record Keeper』『FF BRAVE EXVIUS』が頭一つ抜けています。

流石は国民的RPGの面目躍如といったところでしょうか!
どちらも一つのアプリで稼いでるというよりは複数リリースしての積み重ねですが、ライバルズは正直かなり厳しいような気がします......。

2016年『FF15』、2018年『DQ11』とナンバリング本編最新作も発売となったDQFFFですが、もう当分シリーズの発売もないので、その間にまた大量のDQFFアプリが登場することになりそうです。

スクエニさんはDQFF以外のアプリがあまり上手くいっているようには見えないのですが、それでもあれだけ大量にリリース出来るのはこの二つのIPあってこそという結果ですね!

栄華を誇った最後の時代にならなければ良いのですが......

f:id:ikebukulog:20180625163653j:plain

どちらも大きくヒットしているアプリは2つくらいであることを考えると、需要としてはそれで十分で、それ以上はリリースしてもファンもカバーしきれないといった感じではないでしょうか?

ドラゴンクエストとファイナルファンタジー、特にFFの方はそろそろ国民的を剥奪されていますし、3部作らしい7のリメイクも当分発売されることなく、FF16も不明ですし、今後はかなり厳しくなっていきそう。

というかもう20代くらいの世代だとFFに何の思い入れもないですからね(笑)
FF7が発売したのが1997年で既に20年以上前ですから、直撃世代なんてもう良いおっさんでしょう。

管理人も久しぶりにナンバリング最新作をプレイしましたが、じゃあDQは大丈夫かと言えば、そちらも次は危なそう。DQ11は確かにヒットしましたが、実にDQらしいDQに仕上がっていたものの懐古主義的というか、当時の世代に向けた内容になっていたので、思い入れがない層には響かないかなという感じでした。

何よりDQもFFも新作が発売されるまで間が空きすぎて、その間にどんどん人が抜けているのは辛いですね。開発10年とか酷いよ(笑)

かつては聖剣やゼノなど多数の作品を抱えいていたスクエニさんですが、DQFF以外はサッパリなので、そろそろ何か新しいシリーズを打ち立てたいものです。

え、ニーア? 冗談は尻だけに(ry

f:id:ikebukulog:20180625165411j:plain

マンガUP!
マンガUP!
開発元:SQUARE ENIX INC
無料
posted withアプリーチ