イケブクログ

池袋の話題を中心にホットなトピックスをお届け

MENU

あのソニーが女性向けプロジェクトに参入!?『遊星高校 天文部』公開!!

f:id:ikebukulog:20180629183804j:plain

ビークリー×SMEで贈る女性向けメディアミックスプロジェクト

SIEとは違うのだよ、SIEとは!

なんとあのSonyさんが女性向けプロジェクトに参入!
アイドル系に近いコンテンツになるかと思いますが、ビークリーさんとソニー・ミュージックエンタテインメント(SME)がタッグを組んだ、架空の学校「遊星高等学校」が舞台の女性向けメディアミックスプロジェクト「遊星高校 天文部」が公開!!

まだ全貌はシルエットですが、コミカライズ/キャラクターデザインを担当するのは『ラブ米』や『恋歌ロイド』などのイラストを手掛けた「あおいれびん」さんということで、乙女の聖地、池袋も無縁ではいられないコンテンツとなりそうです。

ビークリーさんと言えば「まんが王国」などを運営していることから、コミックの連載がそちらでスタートするのかもしれませんね!

メディアミックスプロジェクトということで将来的にはアニメ化なども決まっているんだろうと思いますが、ジャンルは青春コメディで、様々な感情に触れ、依頼者と共に成長していく進化系男子高校生となっていることから、宇宙人なのかな?(笑)

どんなコンテンツになるのか楽しみです!

うちソニーですよ、分かってます?

SIEさんじゃなくてSMEさんということは、アニメ方向の展開が強い作品になりそうな気がしているのですが、遂にSonyも女性向けに参入というのは何だか感慨深い(笑)

Sonyさんは何故かソーシャルゲームを手掛けている部門が2つあり、互いの協力関係が全くなくそれぞれ独立して動いているのですが、今回手掛けるのはソニー・ミュージックエンタテインメント(SME)さんということで期待出来ます(笑)

SME:ソニー・ミュージックエンタテインメント
SIE:ソニー・インタラクティブエンタテインメント

となっているのですが、家庭用のPSなどを手掛けているのがSIEさんです。
SMEが『FGO』などで莫大な利益を上げる中、SIEも「フォワードワークス」というスマホアプリの専門の子会社を立ち上げましたが、『みんゴル』や『ソラとウミのアイダ』などイマイチ結果が出ておらず、2018年3月期は16億4000万の赤字決算となっています。

『ソラとウミのアイダ』はメディアミックスプロジェクトとして今年10月にアニメ化も決定していますが、アニメを手掛けるのはトムス・エンタテイメントとなっており、SMEの子会社であるアニプレックスじゃないんかい! というツッコミを入れたくなるところに両者の関係が見え隠れしているような......(ノ∀`)タハー

「フォワードワークス」は今後、『ワイドルアームズ』や『アークザラット』といった初代PS時代に人気だったゲームをソーシャルゲームアプリとして新たに復活させていくそうですが、果たしてどうなるのか注目です!

個人的に『アークザラット』はめっちゃプレイしたゲームなので、期待半分不安半分といったところですが、結果だけを見るとSMEさんの方がこのジャンルでは成功しているので、SIEさんが盛り返せるのかにも注目です!

どうなる『遊星高校 天文部』!?