イケブクログ

池袋の話題を中心にホットなトピックスをお届け

MENU

【裏乙女ロード】池袋にはBL漫画喫茶『Cafe801』があるって知ってる?

f:id:ikebukulog:20180630184007j:plain

男子禁制!女性漫画喫茶 BLコミック・BLマンガカフェ~Cafe801~

池袋の秘密を公開しちゃうぜ!
実は乙女ロードには煩悩と欲望に満ちた裏乙女ロードなるアンダーグラウンドな世界が存在し、そこでは日夜酒池肉林の甘美な楽園になっているとか......。

なんてことはなく!
乙女ロードの2つ隣の路地は、通称裏乙女ロードなんていう風に呼ばれたりもするのですが、クラシックスタイルの落ち着いた雰囲気を持つメイド喫茶「Wonder Parlour Cafe」(ワンダーパーラーカフェ)やレンタルショーケースの「キャラメルキューブショコラ」などが並んでいます。

f:id:ikebukulog:20180630185418j:plain

乙女のための図書館「CAFE801」もその一つで、約15000冊の801本、商業BLコミックなどを取り揃えているとか。

価格もお手頃で、単に漫画喫茶というだけではなく、コラボカフェなども開催されたりと、まさに池袋らしい店舗となっています。

何故急にこんな話をしているかというと、ふと、通りがかったときに、ものすごく重要性......というか、“池袋らしさ”を感じたからなのですが、この裏乙女ロードって、アニメイトさんが移転するよりずっと前からこうしてこの場所にあったんですよ。

アニメイトさんの移転により、すっかり乙女の聖地としてのメインエリアは中央に移ったわけですけど、これは言い換えれば、乙女ロードという一般的な繁華街から隔離されていた場所にあった「乙女の聖地」が、ある意味では日の当たる場所に移ったということなんですね。

そうなったとき始めて分かる日の当たらない場所の重要性。
やはりこういう日陰となる静かな場所は必要なのだ!

2つの「乙女の聖地」

f:id:ikebukulog:20180630190513j:plain

池袋は外国人観光客が物凄く増えましたね!
これは豊島区の政策として、2020年の東京オリンピック開催までに東口エリアの再開発を進展させ、劇場都市、国際アート・カルチャー都市として海外に情報を発信し、池袋をどんどん観光都市化させていこうという方向性によるものです。

そうしたこともあり、外国人観光客は増加傾向にあるのですが、それは当然オタク街的にも影響が出ています。

アニメイト池袋本店に行くと、外国人観光客の姿を見ることが非常に増えましたし、乙女ロードも5年~10年前と比べると、ひっそり乙女が集まっているという感じはなくなり、かなり開放的になったというか、外国人も増え、全体的に活気があり盛況です。

日の当たる存在になったこと、それはそれでとても素晴らしい事なのですが、その一方で、何処かで日の当たらない場所を求めているというか、一般的な喧騒から隔離されていたい、隔絶されていたいみたいな、ちょっと特殊な場所を求めている部分も心の何処かにあるじゃないですか(笑)

この裏乙女ロードは、そんな気配を濃厚に残しているんですよ(笑)
目立つ存在になったことで、目立たない存在の有難味が分かるというか、現在のように豊島区、池袋の都市計画、再開発に組み込まれるようなメジャーな存在になる前の、乙女ロードの空気感みたいなものが色濃く残っていて、そこはかとなく心地良い。

2000年代初頭、バブル前の秋葉原みたいな雰囲気が残っていますね。
今後どんどん池袋のオタク街は、Hareza池袋が完成することもあり、移転したアニメイトさんの周辺で発展していくと思いますが、故に乙女ロード側のレガシーさが貴重で尊い、そんなことを感じさせてくれる裏乙女ロード探訪なのでした。