イケブクログ

池袋の話題を中心にホットなトピックスをお届け

MENU

開業から1年、池袋の新「TSUTAYA IKEBUKURO AKビル店」閉店......。

f:id:ikebukulog:20180703055706j:plain

8/31で「TSUTAYA IKEBUKURO AKビル店」が閉店に

f:id:ikebukulog:20180313062854j:plain

何かと物議を醸していた池袋の新TSUTAYAこと「TSUTAYA IKEBUKURO AKビル店」が8/31をもって閉店することが発表。

昨年、2017年7月18日に池袋の新たなポップカルチャー発信基地としてOPENした「TSUTAYA IKEBUKURO AKビル店」ですが、約1年での閉店となりました。

えー、これはとても残念。
管理人も何度か行った事がありますが、1年での撤退は早いですね。
その特徴から、現在の池袋において不足しているパーツを埋める稀有な存在だっただけに何とも微妙な心境です。

......とは言うものの、こういっては何ですが妥当な気もするかな?
というのも、このTSUTAYAは正直池袋のノリじゃないというか、ニュアンス的な事で言えば、どちらかといえば渋谷のノリみたいな部分があって、イマイチ池袋の特性と合致しておらず馴染めてない空気があったので、それがモロに出た形でしょうか。

両者は表裏相容れぬ存在......。

何がウリなのか良く分からないTSUTAYAに

f:id:ikebukulog:20170727171255j:plain

全てにおいて中途半端だった気がするなー。
その特徴はイベントスペースにあるのですが、アイドルや声優さんのリリースイベントの会場としてミニライブが開催されたり、アニクラ(アニソンクラブイベント)を頻繁に開催したりしていた反面、池袋ということで物販面ではBL本をメインに取り扱っていたりしました。

しかしその時点で何となく察しますが、噛み合わせが悪いんですよ(笑)
どの層に大しても距離感が生まれる店舗になってしまっているというか、上の階ではBL本をメインに販売していて、下ではアイドルやクラブイベントとか、ちょっと疑問じゃないですか。

そもそも秋葉原と渋谷はある程度相性が良いのですが、これらは池袋とは相性がそう良いわけではないので、そういうノリを池袋に持ち込むと浮くっていう。

ikebukulog.hatenablog.jp

だから何となく常にこの「TSUTAYA IKEBUKURO AKビル店」には異物感があったのですが、いつか馴染むのかなーと思っていたら、遂にそれを払拭出来ないまま閉店が決定してしまいました。悲しい......。

全て女性向けに特化した方が良かったんですかねー。
後からなら何ともでも言えるので、こういうのは後の祭りですが。

一般の漫画も取り扱っていましたけど、それならそれで尚更このTSUTAYAで買う必要性がありません。品揃え的にもアニメイトさんとかの方が遥かに充実してますし、そういう意味では苦しい店舗構成だったような気がします。

半端に全方向でコケたように見えますが、真相は如何ほどなのか......?
なんにしてもこれでまたあの一等地が空くので、次はあのエリアにいったいどんな店舗が入ることになるのか楽しみにしましょう!

とはいえTSUTAYAが出来るまで長らく放置されていたりもしたので、条件面で色々面倒な制約でもあるんじゃないかと漠然と思っているのですが、折角、池袋という街には他に類をみない明確な嗜好性があるので、それを活かす様な店舗が新しく出来ると良いですね!

ikebukulog.hatenablog.jp

ikebukulog.hatenablog.jp