イケブクログ

池袋の話題を中心にホットなトピックスをお届け

MENU

マガジン、『キスアンドクライ』1回転もせず最終回、打ち切りでツライ

f:id:ikebukulog:20180711052143j:plain

それは歓喜の祝福か、失意の涙か

ジャンプ(回転)することなく終了!

フィギュアスケートだけにな! ガハハハハ......ハハ
貴重なフィギュアスケート漫画が......。

f:id:ikebukulog:20180711054020j:plain

キス・アンド・クライ(Kiss and Cry)

フィギュアスケートで選手がコーチと一緒に採点結果を待つ場面を良く見かけますが、あの場所こそがキス・アンド・クライ(Kiss and Cry)。

その名の通り「祝福のキス」か、「失意の涙」かという運命を分かつ場所という意味があるそうですが、マガジンの読み切りで好評を博し、満を持しての連載となったフィギュアスケート漫画『キスアンドクライ』。

打ち切りでクライ(辛い)

またかよ......!
こんなんだと新連載が始まっても読者が期待を持てないのでは?

過去の記憶、技術を失ったことで、新しい自分として再びフィギュアスケートに望む主人公、龍希の物語でしたが、特に再起もしないまま記憶も戻らず打ち切りに。

ぶっちゃけ読者がクライだよ!
フィギュアスケートという題材から、ドラマなどの道も開けますし、日本では人気の花形競技で漫画では貴重なジャンルだけに期待していたのですが、リンフォン君可哀想に......。

次号ということは、全12話での完結。
今週はもういきなりの軌道修正で話が飛んで打ち切り最終回に向かう急展開になっていましたが、先週まではロードマップ通りに進んでいただけに強引な感じが拭えませんね。

早々に掲載順が最後方になっていたので、その兆候はなんとなく悟っていましたが、だからといってこれだけ新連載を続けて、そしてそれが立て続けに打ち切りになると、新連載に対してどんどん目が厳しくなる足枷になっているような気もします。

『ヒットマン』にはあれだけ優秀な編集者が沢山登場するのに何処行った!?

f:id:ikebukulog:20170727171255j:plain

『星野、目をつぶって。』も最終回

f:id:ikebukulog:20180711054113j:plain

『星野、目をつぶって。』も今週で最終回に。
こちらは予告されてましたし、内容的にはやり切って後はもう特にやることはないという状態だったので円満終了なんじゃないでしょうか。その他『徒然チルドレン』も6年間の連載が完結し最終回を迎えています。

多分次は『This Man その顔を見た者には死を』が打ち切りやろ?
もうここまでくるとなんとなく気配で察せられるよ(笑)

今週は何故か休載でしたが、正直来週から終了に向かってもおかしくない。
だって、『This Man その顔を見た者には死を』を続けるなら、クライムサスペンスって言うんでしょうか、同じジャンルの漫画『夜になると僕は』の連載を始めないと思うのですが、なんというかマガジンは悉く連載が定着しない雑誌ですねー。

サンデーで『switch』というバスケ漫画が連載していますが、双子主人公で早々に兄が死亡するという衝撃の展開はともかくとして、高校生編に入って、早速入部したバスケ部でロクでもない先輩とレギュラーの座を賭けた勝負という展開になっています。

これマガジンやジャンプなら打ち切られてるんだろうなーって思う。
公式戦を1試合もしないまま終了ですよ(笑)

上級生をぶっ飛ばしてレギュラーを獲得して、そこからチームの他のメンバーを集めたり掘り下げたりして、キャラクターが揃っていよいよ対外試合みたいなスポーツ漫画は、どうしても準備が整わないと中々面白くならないので、何でも早々に切ってたらどうにもならないと思う。せめてそこまでは続けて欲しいと思うんですけどねー。

『キスアンドクライ』もフィギュアスケート漫画となってはいますが、リハビリ過程でスケートを滑る事はあっても、作中で大会が描かれるわけでもなく、ジャンプやスピンといったフィギュアスケートらしい描写があるわけでもなく、そのジャンルで本来あるべきそれらしいことは何もしてないまま終わりという。ひでぇ......。

もうマガジンは『EDENS ZERO』がワンピース並の看板作品になることに賭けるしかない。そもそも真島ヒロ先生はマガジンに帰ってくるのが早すぎるように思うのですが、描かないといられない性分なんでしょうか(笑)

何はともあれ、このガタガタな状態を立て直すことが出来るのか、『ヒットマン』読んでると凄く有能そうな編集者の方ばかりなんですけど、いったいどういうこと!?

 

 

ikebukulog.hatenablog.jp

ikebukulog.hatenablog.jp

ikebukulog.hatenablog.jp