イケブクログ

池袋の話題を中心にホットなトピックスをお届け

MENU

中国でヒット中の『ラングリッサー』3DS版の記憶を封印し再始動!!

f:id:ikebukulog:20180808172236j:plain

あの伝説の秘剣『ラングリッサー』が甦る!

最近になって中国で配信された『ラングリッサー(梦幻模拟战)』がヒット中でエクストリームの株価が上昇中ですが、国内でも2018年再指導で復活とのこと!

確かに中国のセルランを見ると5位にランクインしています。
『ラングリッサー』シリーズといえば1991年に第1作目が発売され、以来続いている任期シリーズですが、SRPGというジャンルのゲーム自体が少なくなっているので、楽しみです!

www.youtube.com

3DS版が抹消されているの本当に酷い(笑)

クソゲー『ラングリッサー リインカーネーション -転生-』

公開されたティザームービーを見ると最後に紹介されているのが1998年の『ラングリッサーⅤ』ですが、実はラングリッサーは2015年に一度復活しています。

2015年に3DSで発売となった『ラングリッサー リインカーネーション -転生-』は、シリーズを復活させ、そして即座にまた埋葬するという現代では珍しいレベルのクソゲーでファンをぶち切れさせたんですけど、どうやら再始動に辺り、記憶が抹消されているのか黒歴史扱いなのか、動画に歴史として記載されないという憂き目にあっていますね(笑)

同時期にSRPGの真の金字塔である『ファイアーエムブレム』の新作が発売していたこともあって、尚更比較されたりしたのですが、『ラングリッサー リインカーネーション -転生-』は本当にもうビジュアルからしても『ラングリッサー』感が欠片もない酷いゲームだったので、正直なかったことにして再始動してくれた方が有難いですが、なんとなく中国でヒットしているということもあり、スマホアプリゲームになりそうな気がしてならない......。

スマホアプリだとこの手のゲームは国内で競争していくのは現状難しいのではと思うのですが、運営面にしてもそうですし、ガチャ実装でキャラクターが排出されるような凡百のアプリゲームはそれ自体がお腹いっぱいなので、どうなるのか注目です!

折角、再始動で過去の記憶を黒歴史として封印した以上、スイッチとかで発売した方が目立って良いのではと思うんですけど、とにかく開発会社が何処になるのか、キャラクターデザインが「たわし絵」こと、ちゃんとラングリッサーっぽいのかどうか、そういうシリーズとしての正統な系譜になっているのか今度こそちゃんと作ってもらいたい。

これでまた『ラングリッサー リインカーネーション -転生-』みたいなの出してきたら、また即座に黒歴史になりますよ(笑)

期待半分不安半分な『ラングリッサー』の新作。
詳細の発表が楽しみです!