イケブクログ

池袋の話題を中心にホットなトピックスをお届け

MENU

ガンダムと同じ高さらしい池袋のシネコン、基礎構造が完成する!

f:id:ikebukulog:20180810063152j:plain

なんとその高さ、全長18メートル!

でっけーなぁ......(゚Д゚)ホォー

池袋に建設中の首都圏最大級となるシネマコンプレックス「東池袋1丁目 新シネマコンプレックス プロジェクト(仮称)」ですが、基礎構造が完成して来月上棟式が行われる予定とのこと。

この池袋の新シネコンは地上14階建て、12スクリーン約2500席。
次世代システム「IMAX」を東日本で初導入。更に座席が揺れたり、雨や風、水しぶきやにおいを体験したりする体感型上映システム「4DX」など最新設備が盛り込まれたロマン溢れる映画館となっています。

外観にもロマンが溢れており、高さが18メートルとなっていますが、これはRX78-2「ガンダム」と同じ高さらしいです。

f:id:ikebukulog:20180810064704j:plain

徐々に外観が完成しつつある池袋のシネマコンプレックスですが、来月に上棟式が行われるということは、現時点でだいたいの基礎工事が終わっており、今の高さがガンダムサイズということなので、身を持って機動戦士の高さを実感出来る良い機会になっています。

完成が楽しみですね!

『Hareza池袋』だけじゃない池袋の再開発

巨大な劇場がこれほどの近距離に2つ同時期に完成するという例のない事態となっている池袋ですが、こればっかりはどうなるのか完成するまで分からないとはいえ、周辺の環境は大きく変わることは想像に難くありません。

ますます観光地化は進んでいきそう......。
アニメイト池袋本店さんも1階の棚を幾つか撤去して導線確保を行っていますが、それが必要とされるくらい実際に観光客、それも外国人の方がとても増えているので、この流れは止まらないでしょう。

f:id:ikebukulog:20180810065749j:plain

因みに来月上棟式が行われるというのはポウルくん&カウルちゃん情報ですが、鉄骨などを汲み上げる段階は終了し、外壁や内装といった部分の工事に入っていくみたいなので今後は日に日に完成に近づいていく姿が見れそうです!

正面の道路は将来的には歩行者専用道にして車両は迂回させるというような案になっていましたが、そうしたことも含めて『Hareza池袋』エリアの再開発は建物だけ出来たら終わりというわけではなく、周辺を丸ごと機能的に作り変えるものなので、今のあの周辺の空気は近く見納めになりそうです(笑)

f:id:ikebukulog:20180810070218j:plain

目の前の「カラオケの鉄人」には大人気『ヒプノシスマイク』の販売機が設置されていましたが、商品は全て完売となっていましたYO!

今後はこういうのがもっと当たり前に自然に溶け込んでいくような異空間があの周辺で形成されていくと思うのとワクワクが尽きませんが、とりあえず喫緊の課題としてはライブビューイングを上映する池袋のシアターがもっと増えてくれたら言うことありません(笑)

1シアターだと普通にチケットが取れないことも多いので、3シアターくらい池袋でやってくれると遠出しなくて済むのですが......。

新たに劇場が出来る事で、現在のHUMAXやシネマサンシャインもどういった形で運営されていくのかまだまだ未知数の部分もありますが、池袋が「映画の聖地」として名乗りを挙げる日も近い!