イケブクログ

池袋の話題を中心にホットなトピックスをお届け

MENU

【百合厨歓喜】池袋マルイで「百合展2016」の開催が決定!

f:id:ikebukulog:20160216144152j:plain

池袋マルイで『百合展』開催!!

全国のヴィレッジヴァンガードにて、女性同士の友情や愛情を意味する「百合」をテーマにした大規模なフェアの開催が決定!!

漫画家や写真家など多数のクリエイターが参加し、書籍の販売や書き下ろしコラボグッズの販売なども行われる模様です。

LGBTなど多様な個性を寛容、許容することが求められる今、こうした試みがBLといった男性向けジャンルの強い池袋で開催されることは重要な意義があるのではないでしょうか?

◆「百合展2016 ~放課後に、そっと咲いた一輪の花~」
■開催日程:2月22日 ~ 2月28日
■参加作家陣
●漫画家:雨隠ギド / 伊藤ハチ / 缶乃 / 岸虎次郎 / 高嶋ひろみ / 仲谷鳰 / YUI_7 / 吉富昭仁
●写真家:長谷川圭佑 / ゆりあ
●イラストレーター:シウ
●プロジェクト:Lilygirl

百合展2016~放課後に、そっと咲いた一輪の花~

流石は意識高い系が集まる池袋西口(;゚д゚)ポカーン
ほ、ほら東京芸術劇場があるから......。

それはそれとして(?)、まさかの百合展。
オフィシャルHPでは女性同士の友情や愛情を意味すると説明されていますが、レズと言わない辺りのこのジャンルが抱える深い闇があるような気がしてならない(笑)

それだと俄然敷居が高くなるというか、生々しくなるから駄目なのか!?

いや、嫌いじゃないけど(駄目じゃん)
しかも池袋マルイで開催ということで、男性同士の友情や愛情を嗜好する池袋での開催というのはいろんな意味で面白い試みではないでしょうか?

折角なんで言ってこようと思いますが、漫画やアニメといった二次元のコンテンツだけではなく、写真といった三次元のコンテンツも取り扱ってるそうなので、わりと広範囲を対象にしているというか、いったいどういった層が多いのか、そういった点でも非常に楽しみなイベントです。

このTOPの絵にもなっている画像は素晴らしいですね!
このビジュアルを使用したクリアファイルも発売しているそうなので購入してこようと思います。他のグッズに関しても随時公開されていくようなので、開催まで楽しみに待ちましょう。

しかし、BLに続き百合とは、二次元の街ということではますます池袋は混迷を深める事態になっています。このカオスに行き着く先に何があるのか、それはまだ誰にも分からない、池袋の可能性と言えるのではないでしょうか?

ikebukulog.hatenablog.jp

※追記(2018/3)

2018年、『百合展2018』が中止に。
百合展そのものは別会場での開催を余儀なくされたものの無事開催自体は行われたとはいえ、直前に『太もも展』に大してマルイに相応しくないというクレームが入り、同じ作家が参加している『百合展』も日和見主義で中止にするというマルイ側の事なかれ主義が鮮明に。

西口で孤軍奮闘している中、仕方ない部分もありますが、おそらく東口であれば問題なく開催されていたであろうと予想され、この中止に今後に禍根を残すものとなりました。