イケブクログ

池袋の話題を中心にホットなトピックスをお届け

MENU

マガジン、編集部自画自賛に袋とじ、リアアカ打ち切りでもう無茶苦茶

f:id:ikebukulog:20180620054301j:plain

瀬尾先生、早すぎる帰還で自虐漫画『ヒットマン』連載開始!

週刊少年マガジンで『風夏』を連載していた瀬尾公治先生が、『風夏』の完結から早すぎる週マガ帰還を果たし、新連載『ヒットマン』がスタート!

まさかここまでとは......。
何気に管理人はマガジン暦ン十年ですけど、正直、今週号はかつてない末期っぷりを感じましたし、もうこれ駄目なんじゃないかと本気で思う(笑)

これまでも大丈夫かマガジン!?
とか言ってきましたが、それが遂に極まったというか、ちょっとこれは読んでて底知れぬ感情を抱かざるを得なかったんですけど、幾らなんでもこれはないんじゃない!? (´Д`)ハァ…

編集部の自画自賛漫画に袋とじ、『リアルアカウント』は唐突な連載打ち切りで(別冊マガジンへ移籍)と悪い部分を全て煮詰めたかのような無茶苦茶な構成......。

『ヒットマン』は殺し屋の漫画......ではなく、一言で言えば『バクマン。』のマガジンバージョンといった内容で、マガジン編集部が舞台の内輪ネタ、業界ネタ漫画になっていますけど、内容以前になんていうか......うん。

f:id:ikebukulog:20180620055353j:plain

こんなエースがいたら今の惨状はないよね?
正直、自虐にしかなっていないんだよなぁ......。

週刊少年マガジン編集部のエースが語る漫画論。
実に最もな話です。言ってる事は正論であり、そこに何の反論もありません。

しかし実際は、それを実行出来ていないから、マガジンの新連載は軒並みロクに続かず打ち切りラッシュになっているのでないかと小1時間......。

漫画内で描かれている編集部と現実の誌面に乖離がありすぎて、「いやいやいやいや!」みたいなツッコミが先に来る所為で、拒絶感から内容が頭に入ってきませんし、滑っているようにしか見えないという。ブーメランかよ!

f:id:ikebukulog:20180620060047p:plain

『リアルアカウント』最終決着! 続きは別マガで

f:id:ikebukulog:20180620061731j:plain

決着つけてから移籍したら?
ということで、『リアルアカウント』が唐突な売り切り展開となり週刊少年マガジンでの連載が終了に。

月刊誌の別冊マガジンに移籍して決着が描かれるとのことですが、マガポケ送りの漫画でも同じ事を思いましたが、この中途半端な途中移籍は何なんでしょう?

週刊少年ジャンプで完結し、後にSQで続編が連載再会となった『テニスの王子様』→『新テニスの王子様』みたいな移籍なら読者からも素直に歓迎されて喜ばれますが、『ランカーズ・ハイ』といいマガジンのこの途中移籍は、誰得なんだよ......。

そして困ったら袋とじを多用。
『彼女、お借りします』×『川柳少女』ということで、瀬尾先生が復帰されたのでこれからは『ヒットマン』の袋とじも作れますね(棒)

こんなんでマガジンは本当に良いのか!?
場当たり的な対応で迷走しているようにしか思えませんが、『はじめの一歩』もセコンド編とかになってますし、なんだかなぁ......という感想です。

今週は作者取材で休載になっていましたが、先週号では掲載順が早くも最後尾になっていたフィギュアスケート漫画の『キスアンドクライ』も駄目そうですし、マガジン崩壊の日は近い。

かといって打つ手がなさそうなのがなぁ......。
カンフル剤の袋とじも何度もやれば話題にもならなくなってきますし、どうにもならんねもう。

ikebukulog.hatenablog.jp

ikebukulog.hatenablog.jp