イケブクログ

池袋の話題を中心にホットなトピックスをお届け

MENU

思わず塩を振りたくなる1990年代風の「ダッド・ジーンズ」発売!!

f:id:ikebukulog:20180901180741j:plain

ステーキレストランのオーナー兼シェフ「ヌスラト・ガネーシュ」さん

1990年代のお父さんからインスパイア?

AMERICAN EAGLE OUTFITTERS(アメリカンイーグル アウトフィッターズ)は、1977年創業のアメリカ、ミシガン州にオープンしたカジュアルファッションブランド。

日本には2012年に初進出し、以降全国で出店数を増やしていますが、そんなアメカジ店のアメリカンイーグルスは、池袋にも勿論出店しており、サンシャイン60通りに大きく店舗を構えています。

そんなアメリカンイーグルスの新商品として今回発売されるのが、1990年代のお父さんからインスパイアされたという「DAD JEANS(ダッド・ジーンズ)」。

f:id:ikebukulog:20180901181346j:plain

やべぇ、超塩が振りたくなるやつじゃん!

BBQする為にあるかのようなファッション、しゅき......。

みんな大好きジーパンです。
実は日本製デニムは世界的にも高い評価を誇っており、大人気だったりするのですが、管理人も良くジーパンを履いています(笑)

今回登場するのは、2018 BTS/FALL コレクションより、メンズのNEW FITジーンズ 「DAD JEANS(ダッド・ジーンズ)」で、太ももから膝部分にかけてウォッシュのかかった“DARK VINTAGE”とダメージ加工が施された“MEDIUM DESTORY”の2型を展開とのこと。

かっちょ良いぜ!

ダメージジーンズのダメージ感

ダメージ加工が施された“MEDIUM DESTORY”は、膝部分に大きくダメージを受けており、やや破れているので、個人的に買うなら“DARK VINTAGE”の方ですね。

価格も6,990円~7,990円+税と、お手軽ですし、アウトドアスタイルには持って来いなファッションとなっています。

アメカジと言っても、本家アメリカンのファッションも結構画一的になりつつあるらしく、ポロシャツにハーフパンツみたいなスタイルが主流になったりしているそうですよ。確かに日本に来ている外国人観光客などを見ても、そういうファッションをしている方が多いような気がします。

日本はファッションという面では、かなり自由で多様的だという認識を持たれていたりするそうですが、普段、ゴスロリファッションの方を見かけても別段気にもしませんけど、そういうファッションが許容されて社会に溶け込んでいるというのが、外側から見ると自由であり多様性を感じさせるのかもしれませんね。

自由でええんやで!

と、言っておいてなんですが、アへ顔Tシャツとか、変な日本語の書かれたTシャツとかが妙に人気なのは面白い。というか何処に売ってるんだろあの変なTシャツ......。