イケブクログ

池袋の話題を中心にホットなトピックスをお届け

MENU

アニメイト池袋本店、男性向けが更に縮小されて空気扱いになるw

f:id:ikebukulog:20180915063938j:plain

1棚から1段に......。

もう置かなくて良くない?w

品揃えなんてあったもんじゃない!
アニメイト池袋本店さんと言えば、場所的にも池袋オタク街の玄関口といっても過言ではない存在ですが、近年、女性の増加は勿論のこと、一般客、加えて外国人観光客なども増加している所為なのか、男性向け書籍の取り扱いが大幅減に。Σ(゚Д゚)ガーン

画像の棚の一番下の段だけ(笑)
このコーナーは主に普段は4コマサイズの新刊が並べられていたりするコーナーですが、言われないと気が付かない空気扱いの成年コミック。

ワニマガジンやジーオーティー、茜新社、富士美などの成年コミックの新刊と美少女文庫などが申し訳ない程度に並んでいますが、このラインナップだとあってもなくても変わらないような......。

これまで2階に展開されており、既に大きく縮小されて1棚になっていたのが、つい先日、何気なく見たら1棚から僅か1段にまで減らされていてビックリしました(笑)

新刊が少しだけ入荷されていますが、なんとも池袋の現状を感じさせるこの超大幅縮小。乙女ロード時代、牛乳パックビルの頃はあんなに並べてあったのに......。

そう考えると、フロア面積が大幅に拡大したアニメイト池袋本店の方が商品の取捨選択がキッチリ行われているということでしょうか。

ま、しゃーなしだな!

世に不思議な池袋

f:id:ikebukulog:20170916182417j:plain

しかし不思議なもので、長年サンシャインシティでは「サンシャインクリエイション」が開催され、そのサンクリは傾向的に男性向けがやや強いというのは「乙女の聖地」と呼ばれる池袋の特徴とはミスマッチです。

本来であれば赤ブー系の「COMIC CITY」のような女性向けが強い同人誌即売会こそ池袋で開催されている方が自然ですが、東が西武で西東武くらいの噛み合わなさですね(笑)

15日(土)から、サンシャインシティで神絵祭も始まるなど、対外的に思われている程、池袋は男性向けが駆逐されているわけでもないと思うのですが、なんとも不思議な話です。

そもそもアニメイトさんが男性向けを取り扱わない事が必ずしも駄目かというと案外そうでもありません。

というか、むしろアニメイトさんで取り扱っていないからこそ、「メロンブックス」さんや「とらのあな」さんなどに行く価値が保たれてるわけで、街に店舗が一つしかないならまだしも、オタク街として様々な店舗がある以上、こういう役割分担はあって然るべきというか、共存反映なんでしょうね!

それにアニメイトさん自体、豊島区と協力して再開発を進めるメインのプレイヤーとして、表立って動くことも多いので、男性向けを大々的に取り扱っているのはあんまり宜しくないみたいなのもありそう(笑)

ただでさえ2020年の東京オリンピック開催を控えて、コンビニで男性向け書籍が販売しているのはどうこうとか言っていますが、とはいえ、あれも選手村でゴムを配っているのにコンビニがどうもこうもないだろうという気もしないでもない。

なにはともあれ、こんなの3ヶ月もすると1段だけなら取り扱っている必要性がないということで、アニメイト池袋本店から完全撤去されてそうですが、成年コミックの命運や如何に!?