イケブクログ

池袋の話題を中心にホットなトピックスをお届け

MENU

サンシャインシティで野生の研究者による技術書オンリーイベント開催!!

f:id:ikebukulog:20181004064409p:plain

一緒に読もう。 技術書オンリーイベント 第5回開催!

めちゃくちゃ楽しそう(;´Д`)ハァハァ

池袋サンシャインシティ2F 展示ホールDにて、10/8に技術書オンリーイベント「技術書典5」が開催決定!!

技術書典

なんなんだこの神イベントは......。
何かと思ったら同人イベントというのにビックリです。

公式HPでは出展サークルリストを確認することが出来ます。
参加項目に一般個人の他、パトロンというのがあるのがジャンルの特殊さを物語っていますが、個人、団体、企業誰でも参加可能ということで、同人イベントでありつつもちょっと独特ですね。

因みにパトロンというのは、名誉職らしく、当日ありがとうございますと感謝されるそうです(笑)

第5回ということで、過去にも開催されていたみたいなのですが、これでも普段から広範囲かつ多岐に渡って情報を拾っているつもりですが、まだまだこんな面白いイベントを見逃していたとは、このリハクの目を持ってしても(節穴定期)

野生の研究者が大集合?

これはもう日本人の国民性だと思うのですが、コミケのような同人誌即売会などに参加すると、これだけ何かを表現したいと思う人が沢山いるという事実に自然と敬意を持ちますが、それこそ評論島などに足を運んでみるとあらゆるジャンルの研究や考察が存在します。

イグノーベル賞を今年も日本人が受賞していましたが、なんと日本人は12年連続で受賞しているそうです。同人のような草の根の活動から、一介の研究者に至るまで、日本人というのは一つの物事に熱心で、自分が興味を持ったジャンルを追求せずにはいられない国民性なんでしょうね(笑)

サークルリストを眺めて見ると、ソフトウェアに関する技術書が多くみられますが、他にも量子コンピューターの解説といった科学技術に至るまで、これでもかという「技術」の知識が込められた珠玉の技術書が数多く並んでいます。

f:id:ikebukulog:20181004071443j:plain

こうして見るとスポンサーの構成比も極めて独特ですね!
第5回ということですが、これは今度どんどん拡大成長していきそうです。

ネット関連の事業を行っているIT企業など、これから先スポンサーが増えていきそうですが、企業同士の交流会みたいなものは多くありますが、こういう緩さのあるイベントというのは珍しいので、なんとも素敵で興奮を抑え切れない「技術書典」。

人口知能(AI)やIoTを使ったスマートシティプロジェクトを推進している豊島区としても、こうした技術の基礎となる研究は大歓迎でしょうし、こういうのを池袋で開催しているということが、今後の大きな強みになっていきそうです!

管理人も是非参加したいところですが、「歌姫庭園」に行った後で立ち寄るのが間に合うかどうか......。