イケブクログ

池袋の話題を中心にホットなトピックスをお届け

MENU

【朗報】アニメイト池袋本店、雨天に対応する!

f:id:ikebukulog:20181009162352j:plain

アニメイト池袋本店、雨天でも問題ないぜ!

とある雨の日、何気なくコミックを買い行くと、ふと何か猛烈な違和感に襲われたので、何だろうとしばらく考えていると気が付いたのですが、いつの間にかアニメイト池袋本店が雨天に対応している!?

おもむろに庇(ひさし)が設置されているとは......。
以前は雨天時には店頭のガチャスペースが撤去されていたのですが、全面に大きく張り出す庇(ひさし)を設置したことで、雨天でも気兼ねなくガチャを回せるようになりました(笑)

そういってもただの記憶違いで、最初から設置されていたのではという疑念も尽きなかったので過去の写真を漁ってみました。

f:id:ikebukulog:20181009162949j:plain

やはり庇(ひさし)がない!

世界に広しと言えどもこの違いに気づくのは管理人しかおるまい......。

雨天狂想曲

この時期は池袋で『アニメイトガールズフェスティバル』(AGF)『池袋ハロウィンコスプレフェス』など秋のオータムカルチャーフェスティバルという大型のイベントが連続する時期なのですが、例年問題になっているのが天候です。

単純に10月末11月冒頭の時期が寒いということもありますが、かなりの確率で雨天になっており、特に『池袋ハロウィンコスプレフェス』に至っては、これまで半分くらい雨天だったような記憶があります。

イベントの仕様上どうしても雨天だと30%程度しか本領を発揮出来ないので、なんとも困るのが天候問題であり、このことはイベントの運営面でも課題として挙げられるなどボトルネックとなっています。

時期的に『池ハロ』の場合はハロウィンイベントという扱いなので、そこまで開催期間を大きく前にずらすということ手段が取り難いのもネックです。

同時期に開催されていたシネマチも過去雨天直撃で台無しになり、現在はTIFFCOMとの統合で時期が大きく変わりましたが、いぜれにせよ頭を悩ませる問題です。

街全体を使ったイベントの場合、雨だと対応しきれませんが何かしらの対策が求められていますね。さしあたり中池袋公園などに屋根が付くと便利ですが、そうなると晴れた日には邪魔ですし、日差しの当たらない公園となってしまうので難しいところ(笑)

今年は特に台風も連続で直撃しており、風雨が問題になっていますが、折角の大型イベントだけに何かしら手段を講じたいところです。

昨年の『池袋ハロウィンコスプレフェス』も雨でしたが、そろそろ今年の開催時期も近づいてきただけにどうなるのか天候が気になるところですが、テルテルスキンヘッドでも作って吊るしておきましょう!