イケブクログ

池袋の話題を中心にホットなトピックスをお届け

MENU

【ポケモンGO】そろそろ冬だし、シンオウ地方が近く実装だって!!

f:id:ikebukulog:20181012054044j:plain

みんな大好きシンオウ地方が実装!

これにはシロナ様もニッコリ

『ポケモンGO』で近くシンオウ地方が実装されるとのこと!
遂にこのときが......。

個人的にDS以降の世代で1番好きなのがダイヤモンド&パールです。
長らく環境トップに君臨していたあのポケモンが登場したダイパ(笑)

DS1作目のポケモンとして発売されたダイヤモンド&パールでは、北海道をモチーフにしたシンオウ地方が舞台となり、静かな雪国を巡る大冒険が繰り広げられます。

シンオウ地方は、寒い地方だけに炎ポケモンが極端に少なく、御三家で「ヒコザル」を選ばないと、「ヒヒダルマ」か「ポニータ」くらいしか選択肢がないという炎ポケモンにとっては不遇の地方。しかしその反面、数多くの氷ポケモンや水ポケモンが登場するという地方の特色が非常に色濃く反映されていたシリーズでした。

ようやくルカリオと旅に出るときが来たか!

ミミロルちゃんの乱獲が始まる......

シンオウ地方は、伝説のポケモンも特徴的で、パッケージにもなっている「ディアルガ」や「パルキア」より、映画での活躍やフィーチャーが目立った「アルセウス」や「ギラティナ」「ダークライ」の方が知名度がありそう(笑)

特に伝説のポケモン「ダークライ」と「クレセリア」は、波乗りバグという非常に有名になったバグによって、正規の方法以外でゲットする裏技が蔓延したり、そして「てんかいのふえ」が配布されないことによる「アルセウス」入手不可など、話題の尽きないシリーズであり、ちょうどこの時期、情報のリークや、オンラインの普及によりゲームの改造行為などが大問題になるケースが急増するなど、そうした対応が急務の時期でもありました。

そして何より、ダイパで特に印象的だったのが難易度です。
難易度が高いというわけではなく、登場するポケモンのレベルが高く、チャンピオンのシロナ様は歴代でも最強のチャンピオンとの呼び声もあるなど、全体的に(これまでのシリーズより)歯応えがありましたね。

その後のシリーズで登場するチャンピオンは、「バイバニラ」使いでNに負けて威厳も何もあったもんじゃないアデクおじさんやら、「この人誰だっけ?」とプレイヤーが存在を忘れかけるカルネなど、個性的なチャンピオンで、ゲームアニメ共に出番も非常に多かったシロナ様、アイリスといったチャンピオンに比べて、一気にチャンピオンとして存在感が薄くなるので、そういう意味でも印象的です。

「ガブリアス」のドラゴンダイブにはビビッたよね(笑)
他にも弱点不明の「ミカルゲ」や、なつき進化の「ルカリオ」美しさの特殊条件を必要とする「ミロカロス」など、厄介かつ多彩でバランスの取れたポケモンを繰り出すチャンピオンに相応しい強さでした。

なんなら四天王戦で、ゴヨウの「ドータクン」に手こずった人も多いのでは?
新たに実装された要素の「とくせい」が、「ふゆう」と「たいねつ」で2つとも鋼タイプの弱点を打ち消すという使う分にはロマン溢れる、対戦する分には難敵のポケモンでしたが、第6世代で悪とゴーストへの耐性がなくなってしまったので、最近はそうでもないのが悲しい......。

伝説枠ではないポケモンとしては異例の活躍、出世となった「ルカリオ」が登場するのもダイパです。単独で映画の主役(波動の勇者)にもなったルカリオですが、『ポケモンGO』でどのように登場するのか楽しみです!

ここにきてアクティブ数やセールスは過去最高を記録している『ポケモンGO』。
全世界で1億5000万人という桁外れのアクティブ数を誇るだけに、シンオウ地方の配信でまた大きく盛り上がることは間違いありません!

ピカブイの発売も控えていますし、ポケモンが熱い!