イケブクログ

池袋の話題を中心にホットなトピックスをお届け

MENU

サンデーから突如失踪の『クロノマギア』、闇堕ちして連載復活!?

f:id:ikebukulog:20181031055952j:plain

生きとったんかワレ!

前作との温度差www

今週の週刊少年サンデーを読んでいると、見たことがあるようでないようなそんなトンデモ新連載がスタート!!

ク、クロノマギア先輩!?

サンデー誌面から突如消失し、特に告知もなく音信普通のまま連載終了になり、単行本が1巻だけ発売されるというなんとも後味の悪い顛末を迎えていた『クロノマギア』ですが、この度、新たに『クロノマギア ムゲンの歯車』として復活!!

しかし、どうしたことか前作では少年誌らしい真っ直ぐな少年とメインヒロインのツンデレ美少女というオーソドックスな漫画から一転、バトルに負けたら人間から豚に格下げされる世界で、豚の主人公が他人を蹴落としまくって成り上がるという心が病んでしまったとしか思えない方向転換の内容に動揺を隠せません。

f:id:ikebukulog:20181031061120j:plain

いったい『クロノマギア』に何があったのか( ゚д゚)ポカーン

相手を直接攻撃するのもありらしい

f:id:ikebukulog:20181031061318j:plain

ikebukulog.hatenablog.jp

『クロノマギア』は、ガンホーさんが配信しているDCG(デジタルカードゲーム)アプリで、パズドラのプロデューサーでお馴染みの山本大介Pが手掛けられた大人気アプリゲームですが、ゲームの配信と連動するメディアミックスとして週刊少年サンデーで連載が始まったのが『クロノマギア 時の召喚者と白刃の花嫁』。

しかし開始して早々にサンデー誌面から消滅。
後に作者のTwitterで病気との理由が発表されたもののサンデーでは触れない状態が続き、その後ようやく連載終了が発表され単行本の1巻が発売される運びになりました。

そうした何ともスッキリしない経緯を辿った『クロノマギア』でしたが、消えるもの唐突なら復活するのも唐突ということなのか、まさかの連載復活!

作者も変更になっており、内容も全く別物になっています。
少年誌らしい内容だった前作から一転、なんとも退廃的で殺伐とした世界に。

人間を豚扱いして、相手を罠に嵌めて引きずり下ろすという随分と荒んだ内容の漫画へと変更になっていますが、現実に耐え切れず闇堕ちしてしまったのでしょうか......。

しかしながら一切前作について触れるコメントが何処にもなかったりするところに闇を感じてしまうのですが、果たして今度こそ人気を獲得出来るのか!?

当面の目標はこの制度を作ったとされる生徒会長を服従させ、足元でブーブー鳴かせてやることらしいのですが、やっぱりメンタル面に何か問題でもあったのではと心配になるような変節っぷりです。

1話の段階ではまだ何も言えませんが、どうやら最弱という扱いの主人公は策略を駆使して成り上がっていく模様。このままハッタリ頭脳バトルになっていくのかな?

というか、「ルールとマナーを守って楽しくデュエルしよう!」とテロップで言っておきながら、登場人物達は反則やイカサマ行為に明け暮れてルールもマナーも守らないアニメの『遊戯王』が如く、『クロノマギア』の新連載でも、主人公が行っているのは全て盤外戦術という本来『クロノマギア』というゲームの設定やルールと全く関係ない手段がメインになっているので、これでゲームの販促行為になっているのでしょうか......?

なんとも不思議な新連載。
流石に前作みたいなことにはならないと思いますが、今後どのように展開していくのか目が離せない!