イケブクログ

池袋の話題を中心にホットなトピックスをお届け

MENU

豊島区役所で「としまマンガ・アニメフェスタ」開催!

f:id:ikebukulog:20181104083156j:plain

今年もあのイベントがやってきた!

今日じゃん!Σ(゚Д゚)ガーン

豊島区センタースクウェアにて11/3~11/4の2日間「としまマンガ・アニメフェスタ」が開催されています!

f:id:ikebukulog:20181104083601j:plain

豊島区の文化事業の一環として、推進しているトキワ荘復活プロジェクトの進捗や講演会などが行われるのですが、如何せん殆ど宣伝されないので開催情報が全く入ってこないことに定評のあるイベントとなっています(笑)

今日はサンクリに参加するので、その帰りにでも寄れたら良いなとは思うのですが、果たして間に合うのか!?

そんなに沢山の人に来て欲しいというわけでもない?

f:id:ikebukulog:20181104084026j:plain

昨年は参加することが出来たのですが、豊島区役所センタースクウェアは、小規模イベントホールで、本イベントでは会場の約半分がステージと客席となっており、後は漫画の体験コーナーと各種ブースがそれぞれあるくらいのこじんまりしたものとなっています。

ikebukulog.hatenablog.jp

昨年、会場アンケートにアレコレ答えてアドレスも記入して帰ったんですけど、「豊島区文化観光課マンガ・アニメグループ」さんから直接開催案内のメールが入っていて、それで開催情報を知りました(笑)

「マンガとアニメがつながる2日間」をコンセプトに、「(仮称)マンガの聖地としまミュージアのPRや、自治体・関連団体によるPRブース、マンガ・アニメ関連のトークショー、紫雲荘プロジェクト3期生によるマンガ家体験教室や、マンガジャパン協力のプロのマンガ家による似顔絵コーナーも実施いたします。

また、トキワ荘ゆかりの地「南長崎」とアニメの聖地「池袋」をつなぐ試みとして、区内周遊スタンプラリーイベントも実施いたします。(原文ママ)

とにかく宣伝されないステルスイベントなのは間違いありません(笑)
一方で『池袋ハロウィンコスプレフェス』みたいなイベントは大々的に宣伝しているので、その辺は色々と差があるんでしょうね。

実際、こういうイベントを定期的に開催していることが、豊島区が「マンガの聖地」「アニメの聖地」を名乗ることに対しての文化的背景になっているわけで、来年は東アジア文化都市にも選ばれていますし、集客目的ではなく、地域に根ざしたイベントとして開催することに意義があるという、そういう性質のイベントだと思います。

南長崎にトキワ荘が復活すると、また大きく宣伝していくでしょうし、今はまさにトキワ荘完成までの雌伏の時という状態なので、ここからまた将来的に南長崎も大きく変わっていくであろうことを考えると感慨深いものがあります。

サンクリも良いけど、としまマンガ・アニメフェスタもね!

公式HP:としま マンガ・アニメフェスタ