イケブクログ

池袋の話題を中心にホットなトピックスをお届け

MENU

『夢色キャスト』サービス終了へ。素直にマイネットに移管しておけば......。

f:id:ikebukulog:20181114065654j:plain

3rdアニバーサリー直後にサービス終了が発表

セガゲームさんが手掛ける女性向けアプリゲーム『夢色キャスト』が終了。
来年の2019年1月15日を持って終了するそうです。

ここしばらく忙しくてあまり触れていませんでしたがショック!
池袋では「オトメイトビル」のGzカフェで『夢色キャスト』の3rdアニバーサリーコラボが今月11日まで開催されていたばかり。

終了しましたが意味深すぎる......。
2015年の9月30日からスタートした『夢色キャスト』ですが、3年で幕を閉じることに。セガゲームスさんは、次に女性向けの新作『Readyyy!』を控えているので、そちらに注力している状況。

サービス終了が9日に発表されているので、コラボカフェ開催期間の11日までの3日間は、とてもアニバーサリーを祝う雰囲気ではなかったのではないかと思うのですが、これじゃあもうアニバーサリーじゃなくて『夢色キャスト』を偲ぶ会のような......。

案外、送別会みたいな感じだったのかもしれませんが(笑)

そこで、一つ主張したいことがあるのです!
アプリゲーム全般に言えるのですが、アニバーサリーとか○○開放とか人権キャラとかレアキャラ登場とか全力集金しておいてからの華麗なサービス終了。

そういうの、やめよ?

素直にマイネットさんに移管しておけば......

これはちょっとやっぱり騙し討ちな感がありますよね。
全力で課金を煽ってからのサービス終了は印象最悪ですし、大型イベントやスペシャルなガチャ直後にメンテナンスからのサービス終了というコンボが多すぎるような......。

こういう行為の積み重ねが課金控えに繋がり、その会社の次の新作アプリにも影響を与えますし、結果的に安定しているセルラン上位のアプリにプレイヤーが集中して、新規はどんどん苦しくなるという2極化を引き起こすのかなという気がします。

それはともかく。

『夢色キャスト』と言えば、昨年の2017年4月にセガゲームスさんからマイネットさんへの運営の移管が発表されたものの、当初予定されていた運営権買い取りが譲渡価額で合意に至らず、同年9月に業務委託へ契約が変更になっていました。

つまるところ、マイネットさんが当初の予定通り運営権をそのまま買い取っていれば、自分達で自由に運営出来るので、このまま続いた可能性が高かっただけに、今回のこの発表はなんとも残念です。

ここで終了するくらいなら素直にマイネットさんに売っておけば......と思うのですが、何よりユーザーとしては尚更そう思わざるを得ない(笑)

『Readyyy!』も同じ事の繰り返しにならなければ良いけですけど......。