イケブクログ

池袋の話題を中心にホットなトピックスをお届け

MENU

池袋マルイで3作品合同周年記念「イケメンシリーズショップ」開催!!

f:id:ikebukulog:20181117071708j:plain

イケメンシリーズが集結!

「イケメンシリーズ」と言えば、サイバードさんが手掛ける女性向けアプリの総称で、色々とシリーズがあるのですが、特徴としては一つが終わったら次の新作という形ではなく、同時並行でゲームが展開されています。

池袋でも良くいろいろなところでキャンペーンやコラボイベントが行われているのを目撃しますが、今回は池袋マルイにて、11月23日~12月10日までの間、『イケメンライブ』、『イケメン革命』、『イケメンヴァンパイア』のイケメンシリーズ3作品の周年を記念してグッズ販売&展示イベント「イケメンシリーズショップ in 池袋マルイ」が開催!!

『イケメン戦国』は第4弾となる舞台「イケメン戦国 THE STAGE ~上杉謙信編~」も池袋サンシャインシティ サンシャイン劇場にて来年2月から上演が始まりますし、「Hareza池袋」が完成したりするとこういった2.5次元展開がより加速していくことになりそうですね!

イケメン戦国◆時をかける恋 人気女性向け乙女・恋愛ゲーム
イケメン戦国◆時をかける恋 人気女性向け乙女・恋愛ゲーム
開発元:CYBIRD Co., Ltd.
無料
posted withアプリーチ

アエリアによる買収、効果は?

サイバードさんと言えば、気になるのが今年5月に界隈で話題になったアエリアさんによる買収ですが、実際どれほど効果が出ているのかは今のところまだ未知数です。

株式を100%取得して完全子会社となりましたが、現状まだそれで何かが変わったというのは特に感じられません。今後どのような変化が生まれるのでしょうか?

アエリアさんは傘下に『A3!』を運営するリベル・エンタテインメントさんを抱えており、女性向けの強化により長期シリーズ化のノウハウ、相乗効果を狙っていくとのことですが、スマホアプリ市場では今後こうした中小の統廃合が相次ぎ、2000年代前半のコンシュマーゲーム業界のような状況に入っていくと思われます。

そんな中でコンシュマーゲーム大手5社に並ぶような成長をする会社が登場するのかどうかが注目です。

コンシュマーゲームとスマホアプリゲームの違いとして、ブランド確立の有無がありますが、シリーズ最新作といった安定的な有名IPを多数抱えるコンシュマーゲームに対して、スマホアプリゲームはIPの確立が殆ど出来ていないので、今後に続かないという決定的な欠点があり、これを解消できるのかが今後の業界の趨勢を左右する鍵となりそうです。

そういう意味では、自社配信のアプリゲームを「イケメンシリーズ」という形で一括りにしてブランド展開しているサイバードさんは珍しいですし、際立っています。

ひょっとすると......ひょっとするかも?