イケブクログ

池袋の話題を中心にホットなトピックスをお届け

MENU

サンシャインプリンスホテルに痛ルームフロア「IKEPRI(イケプリ)25」誕生!!

f:id:ikebukulog:20181118063503j:plain

25階が丸々コンセプトフロアに!

サンシャインシティプリンスホテルが25階を魔改造し、国内外のアニメ、漫画ファンに向けたコンセプトフロアになることは以前お伝えしましたが、来年2019年4月オープンとなるコンセプトフロアの名称が「IKEPRI(イケプリ)25」に決定!!

f:id:ikebukulog:20181118063803j:plain

ikebukulog.hatenablog.jp

もともと、これまでも様々な作品とのコラボレーションルームが行われてきましたが、どうせならそれをフロア全体に拡大して集客の目玉にしようということで、池袋東口全体の再開発と歩調を合わせる形で改装が始まっています。

今後は有名漫画家・イラストレーター描き下ろしによる、フロア専任コンシェルジュのキャラクターを設定し、フロア専用SNSを通じ発信していくそうですよ!

その辺の小さいホテルではなく、サンシャインシティプリンスホテルが率先して行うということに意義と影響力があるこの試み。

とても楽しみです!

観光公害に情勢不安、懸念が尽きない!

f:id:ikebukulog:20181118064609j:plain

ホテル25階に位置するコンセプトフロアは、4つの「共有空間」と20室の「コンセプトルーム」で構成されており、本来のホテルにある客室のみのフロアとは異なる特徴を持っております。「好きなものに囲まれて過ごす、夢体験」をキーワードに、アニメやマンガなど日本のサブカルチャーを好む国内外のお客さまが、今まで味わったことのない夢のような1日を体験していただける専用フロアとなっております。
年間を通してひとつのコンテンツに限定せずに、その時々のニーズやタイミングに合わせてタイアップするコンテンツの入れ替えを行うことで、より多くのファンの方にご利用いただけるようにしてまいります。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000340.000024668.html

株式会社プリンスホテルのプレリリースでは、国内外のサブカルチャーファンに向けたフロアという紹介になっているのですが、個人的にはあまり"サブカルチャー”という表記は使いたくないので不使用です(笑)

というのも、こうした状況下において、「サブ」なの?
という疑念が尽きません。

池袋の再開発そのものに影響しており、アニメや漫画といった文化を表立って打ち出していることを考えると、サブカルと呼ぶことが果たして適切なのか、本来であればメインカルチャーとして捉えるべきなのではと思っているのですが、とはいえ、この辺の議論は整理もされておらず不毛なのでこれ以上掘り下げませんけど(笑)

プレリリースの内容自体は、単なる機械的な発表ではなく、非常に熱意とやる気のこもった前のめりな熱い内容となっており、その本気さがこれでもかと伝わってくるので、是非目を通してみてくださいね♪

こんなのワクワクせざるを得ない!

f:id:ikebukulog:20181118065454j:plain

f:id:ikebukulog:20181118065503j:plain

f:id:ikebukulog:20181118065511j:plain

サンシャインシティはそれこそ「ポケモンセンターメガトウキョー」や「J-WORLD TOKYO」、「ナンジャタウン」といったイベント施設や、サンリオ、キデイランド(サンエックス[スヌーピー/リラックマ])、ジブリ、ディズニーといった専門ショップまで、あらゆるキャラクターIPが集まる集積地となっており、加えてウルフェスやプリキュア、サンシャイン劇場、水族館、噴水広場、展示ホールでの各種イベントに至るまで、最早、IPシリコンバレーといっても過言ではないだけに、外国人観光客も非常に多く、勿論「乙女の聖地」という特徴からも人が集まっているので、まさに池袋の目玉となりそうです!

「Hareza池袋」、「グランドシネマサンシャイン」の開業も合わせて、池袋は1年後には観光地へと変貌することが確定的なだけに、大きな変化を迎えようとしていますね。

乙女ロードにもかつてK-BOOKS(旧コスプレ館)があったURマンション跡地にホテルが建設中であり、サンシャインシティプリンスホテルのこうした動きに追随するのかどうかに注目です!

ikebukulog.hatenablog.jp

そんなこんなで楽しみなのは楽しみなのですが、一つ懸念としてあるのが観光公害と情勢不安です。観光公害はともかく喫緊の懸念は情勢不安ですね。

池袋も非常に外国人観光客が増えていますが、2017年の訪日外国人は2,869万人となっており、2016年の2,404万人から400万人以上伸びています。今年2018年は3,000万人を突破することは確実な情勢。

2008年が835万人なので、10年で4倍近く増えたことになります。
そりゃあ京都の観光地も混雑で疲弊するわっていう(笑)

それはともかく。
2017年の2,869万人のうち、中国から735.6万人韓国から714.0万人で、この2国で訪日外国人の半数を占めます。

あえて何がどうとは言いませんが、現在のこの情勢不安を考えると、特に韓国からの来日は来年激減する可能性があるのではと思わざるを得ないのですが、どうなりますかねー。

2019年は東アジア文化都市として文化事業を強力に推進していくことになっている豊島区ですが、2020年の東京オリンピックまでには南北が統一されているかもしれない(あえて何がとは言いませんが)。

とはいえ、折角のこれだけ大規模なコンセプトフロアなので国内需要だけでも十分で相当なものだと思いますが、情勢不安は一つのリスク要因になるのかな?

一つ問題があるとすれば、管理人は家から近すぎてわざわざホテルに泊まる距離じゃないってことなんですけど、改装後にはとりあえず泊まりに行ってみます(笑)