イケブクログ

池袋の話題を中心にホットなトピックスをお届け

MENU

『FEH』累計508億円の売上を達成し、ファイアーエムブレムの運命を変える!!

f:id:ikebukulog:20181120062017j:plain

『FEH』の累計売上が推定4億5200万ドルに達する!

Sensor Tower Store Intelligenceの数字によると任天堂のスマホアプリゲーム『ファイアーエムブレム ヒーローズ』(以下:FEH)の累計売上が約4億5200万ドル(約508億円)となったそうです!

報告によると、先月の推定額は1,740万ドル(約19億5千万円)となっており、前月比3.8%増、前年比3.8%減となっています

日本のアプリが非常に苦戦する北米市場で存在感を発揮しているというのが大きいかと思いますが、10月の収益比率は日本が約58%、米国が約29%とのこと。

Sensor Tower Store Intelligence figures show that the strategy RPG has been responsible for approximately 72 percent of the company’s mobile game revenue to date in 2018, but that it contributed only about 37 percent last month as Nintendo’s latest iOS and Android release, Dragalia Lost, grew to account for more than half of player spending in its smartphone titles.

興味深いのは、9月に『ドラガリアロスト』が配信されたことによって、これまで収益の72%を占めていたのが、37%にまで下がったみたいな事が書いてありますね。

任天堂が配信しているアプリの中では『FEH』の収益が際立っていましたが、その比重が下がったことで、より幅広く収益の拡大が期待出来る様になったということなのでしょうか?

『ファイアーエムブレム if』も全世界で285万本販売されているそうですし、かつて『覚醒』の発売前にシリーズ最後かもと言われていたタイトルとは思えない大復活を遂げています。

クロム神「運命を変える!」

『風花雪月』はやくしてやくめでしょ

www.youtube.com

期待しかない!

Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)で来年発売予定の『ファイアーエムブレム 風花雪月』ですが、ちゃんとこうして従来のゲームも開発中なのが良いですよね。

これが出来ないゲームがどれだけあるのか......。
同時に発表されることで、新作が発売するまでアプリで遊んで待ってようとなるわけで、これが新作発表でスマホアプリのみだとこうはならない(笑)

『ポケモンGO』の効果もあってか、『ポケットモンスター Let's Go! ピカチュウ』『ポケットモンスター Let's Go! イーブイ』も相当伸びているそうなので、こういう現状をみると、かねてから主張している相乗効果という試みが現実的になってきていますね!

任天堂さんの決算によると、第2四半期のスマートデバイス・IP関連収入等の売上高は187億円(前年同期比4.7%増)とのことですが、これには9月配信の『ドラガリアロスト』が含まれていないので、今後更に伸びそうです。

『マリオカート ツアー』の配信も近いとのことですし、年間2~3タイトルを配信していくとのことですが、『ドラガリアロスト』のヒットでオリジナルIPの路線も強化されそうですし、Cygamesさんはコンシュマーゲームの開発にも乗り出しているので、FEと同じように、今度はそのまま『ドラガリアロスト』の家庭用ゲームの開発なども可能性としては十分考えられるだけに相乗効果を生む多彩なバリエーションが選択出来ますね!

まさしく大復活を遂げた『ファイアーエムブレム』ですが、据え置き復帰で大作化するのはそれはそれで嬉しいのですが、『覚醒』や『if』のようなこじんまりした規模のゲームもプレイしたい今日この頃(笑)

今後はこのスマホアプリと据え置きの間、「携帯機」クラスのゲームがどうなるのかですが、ミドルプライスなど価格で区別してくれるのが1番ですけどねぇ......。