イケブクログ

池袋の話題を中心にホットなトピックスをお届け

MENU

【みんなで決めよう】池袋を回遊する電気バスの愛称を募集!

f:id:ikebukulog:20181121065816j:plain

池袋の4つの公園を回遊する電気バスの愛称を決めよう!

2019年秋、新たな池袋副都心移動システムとして電気バスが導入されます!
既にデザインも決定しており、車両のデザインはJR九州「ななつ星in九州」など数々の観光列車を手掛けた水戸岡鋭治氏が担当されているそうです。

f:id:ikebukulog:20181121071159j:plain

車両の外装は池袋の情熱を表現した真っ赤。
なんとも先鋭的なカラーリングのEVバスとなっていますね!

折角こうして新たに導入するからには、この乗り物にふさわしい、わかりやすく、親しみやすい愛称を募集しようということで、EVバスの愛称を募集することが決定!

新しい電気バスの愛称を募集します!|豊島区公式ホームページ

区の選考委員会により採用作品1点を決定し、採用された方には採用記念品が贈呈され、選考結果は、広報としま、区HPで公表されるそうです。

赤い機体と言われればこれしか思い浮かびません。

シャア専用!

法定速度の3倍の速さで池袋の街を回遊するEVバス。
ばっちりな愛称だと思ったのですが、まちの景観をゆっくり楽しむ為、都心部では初の時速20km未満で走るそうなので、法定速度の3倍どころか1/3になっているので断念(笑)

みんなで一緒に考えよう!

「乙女の聖地」にも無縁ではない?

f:id:ikebukulog:20181121071226j:plain

毎回のように言っていますが、この辺の話題はオタク層と全く無縁ではないどころか、むしろ当事者だったりするので目が離せません。

回遊するルートは「池袋西口公園」「中池袋公園」「防災公園」「南池袋池袋」の4つを基本線としています。(週末には「トキワ荘」を復活させた南長崎まで延伸する計画もあるそうです)

この4つの公園は、4大公園整備計画として進行しており、この11月から池袋西口公園、中池袋公園の整備が始まりました。特に中池袋公園は、1年間の整備改修を経て「アニメの聖地 としま」の発信拠点として、そして「コスプレ」イベントの開催に特化する形で整備が進んでいるので、「乙女の聖地」池袋としてはもう完全に自分達の話であって他人事ではないという(笑)

池袋は今後、「Hareza池袋」の完成、そして2020年の東京オリンピックに向けて観光地化していく方向に動いています。このEVバスは、観光地に行くと名所を巡るバスがありますが、それと同様の意味合いを持っています。

中々都心真っ只中の池袋が観光地になると言われてもピンと来ないかと思いますが、浅草や築地、秋葉原といった明確で尖った個性を持った街が観光地になっているように、そうした方向性の街になっていくということなので、それを見越した移動システムの導入であり、このEVバス自体が一つの特徴であり名物、そういう役割を担います。

ちょっと余談ですけど、上記の図にはLRT(次世代型路面電車システム)の構想ルートもうっすらと記載されていますが、このルートよく見ると凄いですね(笑)

現在「グランドシネマサンシャイン」が建設中で「カラオケの鉄人」とかがある道路を路面電車がぶち抜くようなルートになっているんですけど、こんなところ走るとなったらまた大改造ですよ。実現するのかどうか色んな意味で楽しみです。


閑話休題

そんなわけで、名前を考えましょう!

やっぱり移動システムだけに、トシマッハとかどうでしょうか?
え、それは公式のご当地フクロウ戦士だって?

池袋号とかつまらない名前だけは勘弁願いたい(笑)

※ 区内在住、在勤、在学の方が応募できます
※ おひとり様1点までとします
※ 自作未発表の作品に限ります
※ 採用された名称に関する一切の権利は、豊島区に帰属します
※ 作品の採用に際し、やむを得ず補作する場合があります
※ 個人情報は豊島区において適正に管理し、この募集に必要な業務にのみ使用します
※ 応募作品は返却しません 
応募チラシリンク(PDF:520KB)