イケブクログ

池袋の話題を中心にホットなトピックスをお届け

MENU

遂に中池袋公園が閉鎖!一年後「アニメの聖地 池袋」の発信拠点へ

f:id:ikebukulog:20181122173949j:plain

Coming soon......

いやー遂に閉鎖されちゃいましたね!
見かけて何事かと驚いた人も多いのではないでしょうか?

こうしていざ閉鎖されているのを見ると何だか寂しいものです(笑)
イケフクロウも何だか物悲しそう(そうか?)

11月から閉鎖とのことでしたが、AGF以降動きが本格化。
いよいよ整備改修がスタートしました!

ikebukulog.hatenablog.jp

アニメイト池袋本店さんの移転以降、中池袋公園には多くの女性層が集まるようになり、それまでの環境から激変することになりましたが、「Hareza池袋」とリンクして、いま再び新しく変化しようとしています。

f:id:ikebukulog:20181122175400j:plain

実際、こうして目に見える形で閉鎖されると、いったい何があったのか不安になりますが、この閉鎖はそうしたネガティブなものではなく、むしろ歓迎すべき未来への投資であり、そしてまたこれまで中池袋公園に集まっていた女性のオタク層にとっても大きく影響していくことになります。

一年後、「アニメの聖地 池袋」の発信拠点へ!

中池袋の魔改造が始まったぞ!

大型モニターや、カフェも併設?

f:id:ikebukulog:20181122175439j:plain

リニューアル期間は約1年間となっており、来年9月にオープン予定。
7/1~8/30までが準備期間としています。

建設中の「Hareza池袋」の前庭空間として、アーバンホワイエ(都市の中で人が交わる空間)となるべく、現在指定管理者を募集していますが、その要項にはカフェの併設なども盛り込まれており、指定管理者が付くことで定期的な清掃な巡回など、これまでとは大きく変わり管理された公園へ変化します。

そして何より見逃せないのが、そもそものコンセプトが「アニメの聖地 池袋」の発信拠点、アニメやコスプレ関連のイベントを中心に「Hareza池袋」の8つの劇場と連携したイベント展開といった、オタク向けコンセプトが中池袋公園の整備改修の根幹となっている点です。

因みに「Hareza池袋」の8つの劇場には、「ニコニコ本社」を池袋に移転してきたドワンゴさんや、最新の映像技術や通信技術を駆使した未来型ライブ劇場を運営するのが多数のアーティストや声優さんなどを抱えているポニーキャニオンさんだったりするので、こっちもこっちでオタク層にも非常に影響があります。

いわゆる4つの公園、「南池袋公園」「池袋西口公園」「中池袋公園」「防災公園(造幣局跡地)」これらの公園は池袋の回遊ルートとして、電気バスの巡回ルートにも設定されており、週末にはこの4つの公園の何処かで毎週何かしらイベントが行われている「劇場空間」の構築、それが池袋の掲げる『国際アート・カルチャー都市』における一つの都市設計となっています。

前代未聞のオタク向けの公園というとんでもない話です(笑)
よって、この閉鎖は決してネガティブな事情ではなく、一年後には更なる魔改造によって、より素敵な公園となって帰ってくるので、みんな1年間の我慢だ!

決して悪いようにはなりませんし、それにともない予想される諸問題(グッズ交換会の是非など)は、この閉鎖期間中に考えていくことになるんじゃないでしょうか。

どちらにしても、池袋の観光地化という方向性は既に規定事項なので、後はもうリニューアルを待つばかりです。

なんとも楽しみですね♪

f:id:ikebukulog:20181122181819j:plain

オマケ。
池袋西口公園も彫刻の撤去やモニュメントの移設がこの11月から始まりました。
こちらは事前準備が終了後閉園になり、来年1月から本工事が始まるそうです!

リニューアルには、27億円の予算を投じ、劇場空間を創り出すグローバル・リング、高質なイベントが可能な舞台設備、そして、にぎわいを創出するインフォメーションカフェなど、国際アート・カルチャー都市の新たなランドマークとして整備していく予定とのこと。

2020年の東京オリンピック・パラリンピックでは、東京都公式のライブサイト会場として、この新池袋西口公園を使用することについて、現在、調整中だそうですよ!

アカン、ますます面白い街になってしまう......。